マナーって場所によって違う

世の中は自分が中心で動いている、というと独裁者のように聞こえてしまうかもしれない。でも、人はだれもが自分の人生を歩んでおり、その人生の中では主役なのだ。そういった意味で捉えると「世の中は自分が中心で動いている」というのは共感を得ることができるのではないだろうか。

でも、これはあくまで「自分の人生において」という注釈がつく。会社や学校、家庭、その他の場所全てにおいてこの考え方をしていたら、関係は破綻してしまうだろう。そうならないように場をわきまえて考えを披露したり、行動したりする。これは「空気を読む」とはまた違うかもしれない。そういったこと以前のマナーに近いものだろう。

そのマナーは場によって異なっている。わかりやすく言うと日本とアメリカでは違う、会社ごとに違う、家庭ごとに違う、そういったことだ。

それがインターネットの世界でも同じようにある。ツイッターにはツイッターのインスタにはインスタのFacebookにはFacebookのマナーがあるのだ。SNSが流行る前は2ch(5ch)の書き込み方にもマナーがあった。

これは、あくまでマナーであってそれ以上でもそれ以下でもない。だからこそ、インターネット(SNS)での関係性をより、むつかしくしている気がする。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こちらサポートにコメントをつけられるようになっていたのですね。サポートを頂いた暁には歌集なりエッセイを購入しレビューさせて頂きます。

ありがとうございます。文章ってむつかしいっすよね
3

Satoshi KATSUTA

エッセイ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。