tamakenken

旅の忘備録を短文でbotのようにひたすら書きます。

カンボジア短編忘備録10

一ノ瀬泰造ゆかりのレストラン、バンデイアスレイ到着。席に通されるも、友人が一ノ瀬泰造の資料の近くの席がいいとだだをこねる。20代後半の日本人カップルと相席になる。...

カンボジア短編忘備録9

思い出した件。タケオゲストハウスは想像以上に入りにくかった。2人で1回前を通り過ぎる。思い切って入る。カンボジア人の17歳くらいの男の子が対応する。朝日見て一之瀬...

カンボジア短編忘備録8

ついでに夕食に向かう。バンテアイ スレイ レストラン、ここは報道カメラマン一ノ瀬泰造氏が通っていたお店らしい。同行した友人が彼を好きなのだ。旅の前に頼んでもないの...

カンボジア短編忘備録7

明日はアンコールワットの日の出を見に行き、そのままアンコールトム、タプロームなどを回るコースに。朝の4時ホテルに迎えが来ることになった。そういえば、何年もそのゲ...

カンボジア短編忘備録6

部屋に荷物を置き、タケオゲストハウスに向かう。明日のトゥクトゥクの手配。ゲストハウス内では地べたに座って様々な人種がカレーらしきもの食っていた。カタコトの英語で...

カンボジア短編忘備録5

自分をガイドに雇えという兄ちゃん。調べていた相場より値段が高い。嫁をもらったばかりの兄ちゃん。強くは断れないが、さらにしつこさを増す。ついにNOという一言しか話さ...