ニュースサイトのリンク条件の不思議

ひょんなことから、Web上のニュースのリンクのことが気になり始め、少し調べていた。リンクは著作権の問題でもないような気がするのだが、では何の問題なのだ?という疑問もあり。なんらかの法と関わる問題か、あるいは道義、マナーの問題か? いずれにせよ、"ネットライフ”の問題であることは確かだろう。

私は基本的に、Webページのリンクは無許可でOKだと判断していて、ブログその他で貼ってきた。ニュースの記事に対しても同じようなスタンスでいた。

ところが、ニュースサイトの場合、注意書きを読むと、原則自由だけれどトップページにお願いしますという内容のことが書いてある場合があるらしいのだ。と、いまさらのように気づいた。

あら、もしかして…と思って、自分がブログでニュースを個別リンクさせていただいているとあるサイトの注意書きを読みにいったら、やはり「特別な場合をのぞいてこれこれのトップページへお願いします」という内容のことが書かれてある。特別な場合がどういう場合であるか、個別リンクの場合は要問合せなのかどうかについての表記はいまのところ見つけられていない。

この場合の「リンク」って、「リンク集」などの恒常的なリンクではなく、ブログの個別記事でのリンクも含んでいるのだろうか? 個別記事でトップページをリンクしても、一時的なものになるのであまり意味はないと思うのだが。日付を示して、読者に自分でさがしてもらう?

とにもかくにも、私はどうやら違反(かどうかは微妙だが、少なくともマナー違反)をしてしまっているらしい。どうしたらいいんでしょうか?

もしかしてここでも?↓

ネットライフと著作権(3)/新聞に掲載されている記事と写真、Twitterのこと 

ほんでもって、もし、原則、トップページのみリンク可ということならば、どういう会社がどういう注意書きをしているか、それぞれのページをいまここでリンクすることもできない、ということになる。

と思いきや……

YOMIURI ONLINE(読売新聞)について、ちゃんとした形でリンク&引用をされているページを発見した。最初は気づかなかったのだが、あれこれ考えるうちにそのことに気がついて、感動してしまった。↓

リンクに事前許可は必要ない!? 古くて新しい無断リンク問題 - niwatome http://matome.niwaringo.com/entry/2014/02/18/002711

トップページのみをリンクして、どうやってたどればよいかを示された上で、伝えたいページの内容を引用されている。引用は不可ではないのですよね。

しかも、最後の2行を読んで、膝を打ったワタシ。

たしかに!

実際、私が個別リンクしているニュースのページを確認してみたら、ちゃんとソーシャルボタンがついている。ってことはあれなんですね、ツイートは可(というかむしろ推奨?)で、サイトやブログでのリンクは不可ってことなんですね。

Twitterはリアルタイム性が高く、TLでどんどん流れていくものだから、ボタンひとつで個別リンクOKということなんだろうか。そしてfacebookもあれこれブックマークもOK、でも、サイトやブログではNGってことなんだろうか。

これっていったい、どういう意味なんだろう?

※ 投げ銭方式で有料マガジンに束ねていましたが、2015年5月13日に課金をはずし、無料マガジンに移し変えました。

7

tamami_tata

少しずつ、店じまい。 https://twitter.com/tamami_tata

ネットライフと著作権

投げ銭方式の有料マガジンから無料マガジンに移し変えたあと、新しいテキストとトークを追加していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。