見出し画像

ちょっとブレイク 「さびない道具」

明けました記事。1ヶ月おくれのごあいさつ。冬眠するクマなのかモグラなのか知らないけれど、そんなはじまりも悪くない。1年が12ヶ月だと思うから人は嘆く。クマやモグラはきっと嘆きはしない。

新しい年を迎え、1月はネット発信をツイッターにしぼり他もろもろの方向性については客観的に観察しながら考えた。きもちのサーモスタットかかったとかカッコいいこと言いたいが、いや単に不良だからすぐさびる。(みなさんは優良)

青春時代、自分の気持ちや活動をしたためる手段はペンまたはうつわにのせるしかなかった。インクはかたまってもペンはさびなかったし、うつわの中の食品はカビても陶のうつわはさびなかった。しかし、見えない通信という道具はすぐさびる。

他人や数字を気にかけるならばビジネス。自分を表現するならばアーティスト。従って、ゆるがない己の柱として陶のうつわをビジネスにはしたくない。後者であるからマジメな考えや指導的なものはないけれど、多少さびた通信手段を味わいとして、許容範囲ひろめで、時おり読みにいらして。

cocciorinoコッチョリーノ
我妻珠美 tamamiazuma.com

写真は大成功した伊達巻をさびないうつわにのせたもの。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お礼にちきゅうのかけらを!
31

tamamiazuma

書く陶芸家。90年代「イタリア陶芸修行」1999年「陶芸工房Cocciorino設立」2013年「ライター職をすて陶芸一本化」2013年より「旅する土鍋」スタート。以後、日伊を往復して土鍋で郷土料理の紹介など。WEB: tamamiazuma.com

うつわマガジン2019

コメント5件

お久しぶりな記事へのコメントそしてあたたかいコメントがうれしいです伊達巻も喜んでます。
素敵お皿と素晴ら伊達巻き(*゚∀゚)
このお皿はカレーを盛ることはできますか。ドナベッティの次に迎えたいと思いました(^-^)
手づくりした伊達なヤツおいしかったです。カレー用にもうすこし深いお皿にいつか改良してボナペティ党コラボも近い!レモン土鍋おまちくださーい!
やたっ(*゚∀゚)!🍛
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。