見出し画像

「旅する土鍋2019」魚醤をもとめ能登へ

イタリアにきて一週間。出発前ぎりぎりに飛んでいった能登への旅記録をトスカーナの景色を見ながら書いているが、どうも湿度が違ってうまく書けない。

しかしながら、なぜ毎年イタリアに毎年足を運び、すぐに答えが出ない、もっとダイレクトに言ってしまえば、すぐにビジネスに結びつかない活動をしているのか。その答えが分かりやすく感じた国内の旅であったので、イタリア紀行をはじめる前に書きとめておこうと思う。

イタリアでのイベントで使う「魚醤」のリサーチ。出発前に窯をたき、36時間でゆっくり除冷するあいだの小さな出張旅行。贅沢なシチュエーションで窯たきの汗を流せることに驚いた。(写真は民宿「ふらっと」の露天風呂)

羽田空港から所要時間45分ほどで能登半島という楽園へ。「ふるさとタクシー」という乗り合いを24時間前までに予約すれば空港前から900円でかなりの距離を送迎してくれる。加え能登町に泊まる場合2000円のキャッシュバックあり。

能登半島にある「民宿ふらっと」は4組だけの宿。オーストラリアのイタリアレストランでヘッドシェフをなさっていたベンジャミン・フラット氏がつくる能登イタリアンディナーが食べられるのだ。

→世界が注目する発酵食を味わう(CREA2月号より)

イタリア料理といっても能登半島の伝統的な発酵食材を取り入れるイタリアン。魚醤「いしり」の匠であるお父上のあとを継いだ智香子さんがベンさんと共にいしりをつくり、宿を切り盛りしている。

マルケ州では 日本の魚醤「いしり」とイタリアの魚醤「コラトゥーラ 」を旅する土鍋で食べ比べする。そのための出張をきっかけに、すっかり能登好きになった。

翌日は宿のご夫婦と輪島塗りの工房を訪ねるというスペシャルは能登好きへの道に輪をかけた。

輪島塗「キリモト」

土地と人を愛さなければ、その地の特産や文化は心から紹介できない。そんな当たり前でシンプルな図式をあらためて胸に秘め、いざイタリアへ旅立った。

わたしたちは、まず分かりあわなければ始まらない。手の温もりを、ときに冷たさを。

#旅する土鍋 #コラム #食 #料理 #旅 #能登 #イタリア料理 #イタリア



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お礼に空からおいしそうな雲をひとつ!
72

tamamiazuma

書く陶芸家。90年代「イタリア陶芸修行」1999年「陶芸工房Cocciorino設立」2013年「ライター職をすて陶芸一本化」2013年より「旅する土鍋」スタート。以後、日伊を往復して土鍋で郷土料理の紹介など。WEB: tamamiazuma.com

うつわマガジン2019

2つ のマガジンに含まれています

コメント2件

輪島出身の私にとっては幸せな記事でした。能登の良さ知ってくださりありがとうございます。
本当に心が豊かになる里山と海、そして人々がみな親切。かならず再訪しようと決めたくらいです。こちらこそお礼を申し上げたいくらい!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。