「旅する土鍋2018」ケッパーの花とつぼみ

「黒オリーブはガエター産か?」と刑事が聞くと「もちろん!ケッパーはパンテレリーア島産だ」とレストラン店主が応えるシーン。なかなか主役にならない野菜だけれど、オリーブやケッパーにもこだわりを持っていて。黒オリーブやケッパーを入れる料理「タコのルチアーナ風」をオーダーするというところでは唾液があふれてくる。

上記は「刑事モンタルバーノ」というイタリアの刑事ドラマのワンシーン。毎回出てくる食事のシーンが好き。食のうんちくを語ったり知識をひけらかすのでなく、気の利いた会話がなされるのがイタリアならでは。

(IL COMMISSARIO MONTALBANO モンタルバーノ~シチリアの人情刑事


ケッパーのつぼみを炒めて食す

アフリカからの熱風シロッコが吹くカラブリア。家族が、見たこともないほど大粒ケッパーのつぼみと、トロペア産の赤タマネギ、自宅農園のトマトで、炒め物をつくってくれた。芽キャベツに似た甘さと苦みがおいしい。花になりたかったろうか?そんなことを考えて噛みしめると、フレッシュな青さと花の甘い香りがする。つぼみを食べるといえばミョウガも。香りの良さは負けず劣らず。


スモークサーモンの上に乗っている緑色の小さな粒、あれは花が咲く前のつぼみ。花の下の小さな丸がつぼみで、右下にある長細いのが実で、これも酢漬けにして食べられる。


南風と強い太陽の光をあびて

岩の洞窟に住む町マテーラ(バジリカータ州)でも力強く生きるケッパーの群集を見かけたが、湿度を嫌い北風が嫌いな植物は、岩からもぐんぐん生えてくる。雑草のようなもので、道端にもそれを見かけたりするのだが、土というより、壁やレンガにぶら下がっていることが多い。なぜ?

爬虫類がケッパーの実をたべて糞をして種をまき、そこから芽を出し…。本当なのかな、ああ、おもしろい。


ケッパーの変化球と皮肉なおしゃべり

変化球の多いケッパーを誇らしく大笑いしながら語り、食べる。イタリアの会話も、それに似ていて、かなりの変化球に富んでいる。相手の球をよみ、どう投げ返そうか考えてしゃべるのがおもしろい。皮肉や言い合いもそのひとつ。いつも半分くらい冗談を入れてしゃべる。仲直りの言葉にも、変化球と直球をいい塩梅に混ぜて。

ケッパーのつぼみを味わいながら、そんなことを思う夏の日。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お礼に花の香りを!
37

tamamiazuma

2018旅する土鍋

2013年より毎年おおきな土鍋をかかえて「旅する土鍋イタリア」取材。2018年夏は『第2弾ペーパーブック』を仕立てる予定。WEBサイト、FBページでもご紹介はあるものの、ひと足先に旅記録を限定公開。ツイッターではいつも通り告知あり。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。