「旅する土鍋 リトアニア③」東欧の歴史とスープに想う

1.「宗」と「史」

前回は、宗教と食、工芸は切り離せないということを書いたが、さらには統治や戦争、人種問題など歴史的な事柄も根強く食や工芸に残っているということ。宗教にならび、残念ながら歴史にも疎いゆえに、今回の訪欧ではるかに勉強不足を感じた。食と工芸を結びつけた仕事をするには、まだまだ知り得るべきことがたくさんある。知りたいことが倍増して、これからの興味と好奇心が広がったことは旅先のリトアニアとポーランドに大いなる感謝。


2.「創造」と「想像」

なぜこれだけ長い時間、創造と想像の仕事に携わってきているのか。旅に出ると、その度ごとに答えがひとつずつ明確になる。生きていくための手段は必要だけれど、物や知名を売ることがゴールでない。自分が生きるうえで必要である「食べること」それを受ける「うつわ」。そのふたつが生きつづける理由や背景を共有することこそ。

写真 Gruziniška charčio sriuba
(グルジア風ハルチョ)

牛や羊肉のスープ。酸っぱい味はトマトベースにプラムのソースが入っているからだそうで、雪の降る中でたべた大きな銅鍋のスープの酸っぱさは、くぃーんと沁みた。香りの感じからコリアンダーが入っているかもしれない。


3.「覚」と「手」

リトアニアには2つの独立記念日がある。

1回目の国家再建ドイツ占領下にあった第1次大戦後、1918年2月16日リトアニア王国として国家再建を果たすが、まったくをもって短命で、1940年にはソ連に併合された国。
2回目の独立回復1989年ベルリンの壁崩壊の年。ソビエト連邦の統治下にあったバルト三国で起こった「人間の鎖」。リトアニアをはじめバルト三国の人々が南北に鎖のように手をつなぎ訴えた独立運動である。1990年議会選挙で独立運動を指導した政治組織が勝利。1990年3月11日に晴れて独立回復を宣言。しかしソ連邦は否認し経済封鎖などをつづけた。1991年ソ連政府は独立の動きをみせるバルト三国に対し軍事的圧力をかけるようになり「流血の一月」を迎えるが、「ロシア共和国」と改称して主権宣言を行ったあの時代、クーデターの失敗などによりソ連邦の崩壊が始まる。ウクライナ、グルジアなども相次いで独立を宣言。1991年9月6日リトアニアなどバルト三国の独立が承認された。


訪れたリトアニアのお祭りでは、リトアニア伝統料理にならび、隣国の伝統料理が楽しめた。「味覚」というのは、深い歴史や宗教に想像をかきたてられるもので、「手づくり」もこれに並ぶ。

辛いなかでも、歴史は人類を抱え食や工芸が生まれてている。ロシア系、ポーランド系の人も多いリトアニア。リトアニア語と同じくらいの割合でロシア語が表記され、ロシア語を話す人も多い。対敵であった国であっても人類や文化は線引きできない。観光客相手のレストランメニューにさいわい英語表記があるくらいで、訪れたリトアニアのお祭りでも英語表記は少ないが、20代、30代の若者は英語を話し、素朴でぼくとつではあるが、とてもやさしい目をしていた。

2014年には、ウクライナ紛争をうけロシアへの警戒を強めたリトアニア政府は自衛のための徴兵制を再導入(参照記事)したという。愛国心の発露、自発的な志願などの記事を読んだ。数年経ったいま、その自覚の変化を願うが、言葉もわからぬわたしは、国境を越えて、人種を超えて食や工芸から平和を願うばかり。

リトアニアのヴィリニュス大学生に聞いた貴重な声に感銘したのでぜひお時間あればリンクご参照。⇒筑波大学Ge-NIS「リトアニア人とはどんな人たちですか?」

※冒頭に書いたとおり、宗教、歴史の専門知識を持ち合わせていない残念から、訂正などがありましたらご指摘くだされば幸いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お礼に花の香りを!
36

tamamiazuma

旅 中東欧

2つのマガジンに含まれています

コメント3件

ハルチョー、おいしそうです。名前は聞いたことがあるけれど、いますぐそこまで飛んで行って食べたい!
いつか行きましょう!叶うような気がする。ずっと有賀さん重ねていましたもの!
おいしいうつわの記事、いつも楽しみにしてます。
リンク先のリトアニアの記事も興味深かったです。「笑顔が最後の味付け」というエストニアの在り方や、歴史の軽視がアイデンティティの軽視につながるということばは、未来を生きていく上でこころに留めておきたいと思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。