見出し画像

旅する土鍋 リトアニア⑦「謎めく食材」

「これはなんですか?」

目の前の食材をゆびさして、英語教科書の最初のページのような会話をする。「ネー」「ニェ」「ニエット」など、NOにあたる音が聞こえてきたら、もうどうしようもないのだ。「(英語が)わからない」という意味。それなのに彼らのはにかんだ笑顔をみると、あきらめられない。好奇心のボルテージが上がってきて寒さにふるえる足を意味もなくばたばたさせる。

リトアニアの首都ビリニュスという町のお祭りには、工芸品のほか、伝統料理や食材がならぶ。3日かけても全部まわりきれていないと思う。

「どんなチーズですか?」

リトアニアは発酵食品(乳製品のほか清涼飲料や発酵キャベツなどなど)が豊かな国であり、酪農がさかんであることからもチーズやヨーグルトの数も多い。販売者の前で、手と足までばたばたしながら「どんなチーズですか?」をくりかえす。ヨーロッパのチーズとはまた少し違う品揃えで、魅惑的なのだ。

「これはお肉ですか?」

子どものような質問はつづく。殿方は少しだけ英語がわかるようで「ネー、ネー、チーズ」と言う。それぞれ味が違うことがご自慢なようで、スパイス名を全部おしえてくれる。興味は、どんな乳のチーズなのか。しかし英語はお手上げなようで、リトアニア語(たぶん)で、とにかく試食しろしろ!とすすめてくれたので、全部食べた。


「もう、おいしいからなんでもいい、買う!」

おいしかった2種類を買う。香ばしくて美味なものと、もうひつとつは「クルクマ」(ウコン属)が入ったもの。帰国して「チーズ」はSūrisであり、Varskeという伝統的なカッテージチーズであることが判明。

「おいしいのか、おいしくないのか!?」

そんなこと、どうでもよくなる。謎めきは深ければ深いほど人を魅了する。謎めきは興味にむすびつき、初心にもどれる。おいしいものを食べる、つくるということは、まずは手足がばたばたするくらいの「好奇心」というボルテージをあげることから。

帰国してあらためてじっくり食べてみて、カッテージチーズをさらにスパイスや野菜を入れて固めた加工品であろうと推測。オーブンサンドにして食べたりサラダに入れたり、あっさりしていておいしい。チョコでコーティングされたお菓子もあるそうだ。

最後に、興味深い記事を発見した。「旅する土鍋」がイタリアとリトアニアをまたいだ意味がそこにあったのか!? 「リトアニア産チーズ イタリアと深い絆」(日経電子版)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お礼に花の香りを!
31

tamamiazuma

書く陶芸家。90年代「イタリア陶芸修行」1999年「陶芸工房Cocciorino設立」2013年「ライター職をすて陶芸一本化」2013年より「旅する土鍋」スタート。以後、日伊を往復して土鍋で郷土料理の紹介など。WEB: tamamiazuma.com

旅 中東欧

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。