「旅する土鍋 リトアニア⑤」ライ麦パンのスープに想う

静かな誇り

彼らの顔はもはや満足気であり、静かな誇りに満ちている。

陶、籐、鉄、木、麻、綿、毛など、素朴な素材をつかった工芸品・民芸品が数えられないほどのテント下にならぶ3日間。リトアニアの守護人カジミエラスの命日を祝うためのカジューカス祭り。

厳しい冬のあいだに職人やアーティストがつくり溜めた工芸品や伝統食材のお披露目の3日間であり、寄せる復活祭の飾りを入手する機会でもあるようだ。


静かな美

「写真撮ってもいいですか?」と聞くと照れながらこちらをむいてくれる。いつものイタリアとはまた違った写真。胸の雪がとけるような感情があふれる。

「DUONA(パン)」と書いてあるエプロンと地味なダウンジャケット姿なのに吸い込まれてしまう。ピントがぶれているのは動揺のあかしか極寒のせいにしておこう。ぶれていても載せたかった一枚。

そして二枚目は父さんと。


静かな稼業

父や母、またはオバだかオジだか、近所の年配者なのかわからないが、20~30代の息子や娘のような若者が健気に手伝っている姿にも感動した。決して弾けたりしない。職人をリスペクトしているような、一歩ひいた健気さにもふるふるしてしまうのだ。

下の写真は、陶芸家である母と販売を手伝っている娘。混雑に舞い上がってしまい、わけわからぬ勘定をする母に娘は気が気でない様子。「あなたも陶芸家ですか?」とたずねると、娘は「いえ今日は母の手伝いよ」(母はこれですもの、どうしましょ!)みたいなジェスチャー添えて。

多くのブースで「待ってて!お隣さんから英語しゃべれる人つれてくるから」と店をぬけて走るおじさん、おばさんがとても愛らしかった。あるいは「きょうは休みだから彼女と母の様子を見にきたら通訳たのまれちゃっただけ、でも母のつくったものおいしいよ」なんて言っているおにいさんもいた。

英語を話さない(聞かない)世代を助ける意味をふくめて、若者が静かに支える姿が、いや日本も本来は当たり前であった姿がうつくしかった。

静かな街

夜は、極寒な街を歩いて地元の料理を食べるべく旧ユダヤ人居住地区にあるビアレストランへ。ガラス通りという名から、ガラス工房があったのだろうかと想像を膨らませたり。

早くビールとスープを飲もう!街の人がみんな矛盾にあふれた想いをつぶやいているように見える。伝統的な酒やビールが豊富で、早くからクラフトビールにも注目している飲酒大国であるが、屋外でアルコールを飲んではいけない条約(お祭りなどは指定ブースで着席)、そしてアルコール広告の全面禁止法が施行された国でもある。(⇒2018年1月施行 参照記事


極寒なのだけれどノドが乾く。地元の白いビールをぐびぐみ飲んでから、冷たい食道を通って胃に流れる温かい Duonas sriuba (Black Rye Bread/ライ麦パンのスープ)*1 は余計に沁みる。あふれんばかりにスープに浸かっている真っ黒で酸味あるJuoda Ruginė Duona(ライ麦パン) *2 を口に運び目をとじると、あの美しき娘さんの小さな声「Viso! (バイバイ!)」が聴こえたような気がした。

この街は、まったくをもって静かなる美で感動させてくれる。

Duonas sriuba
伝統レシピによってつくられた燻製した熟成ハムのスープ。香草やサワークリームと。
Juoda Ruginė Duona
リトアニア料理(および昔の東欧ユダヤ教)料理では黒いライ麦パンが主流。小麦よりライ麦が育ちやすいとのことで、バルト三国、ポーランドにも類似のパンがある。

#旅する土鍋 #旅する土鍋リトアニア編

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お礼に雨のしずくを!
79

tamamiazuma

書く陶芸家。7年のイタリア修行を経て帰国後アトリエCocciorino設立。2013年ライターわらじ職ぬいで陶芸一本、土鍋を持ちあるきイタリア周遊「旅する土鍋」プロジェクト同時期よりスタート。WEB: tamamiazuma.com

旅 中東欧

1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

私も静かなる美を賞賛するtamamiさんの静かなる筆致にふるふるしました。
かねきょさん、なんだか哀愁と愛に満ちた街だったのですよ、ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。