見出し画像

夢の自作MTBコースを作る!!#2

田舎に生まれたお陰で個人所有の里山と
自転車好きが相まって夢の自作MTBコースを
作ろうという企画である。
完成まではまだまだ程遠い道のりだ。

現在の開拓状況のおさらいをしよう。
コースの全長は現在80m程だろうか。
最終的には300mほどになるのではと。


限られた私有地の面積を上手く使い巧みにコースを削り出す作業だ。土地はザッと1000坪はあるくらいだろう。

真面目に計測、調査した事は自身では無い。父からアバウトに伝えられた土地をひたすらにdigしているのだ。(私有地の範囲はある程度推測ができるよう、小まめに父が草刈りなどの管理をしていてくれた)
しかし、digってみれば分かるが一向に作業が進まない。妄想では既にコースは完成していた。
3メートルのコースを作るのに3時間はかかる。

笹が生い茂っているのでそれを切り、かき集め次に大きなスコップでdig.なのだが笹の根や杉の根が無数に広がっており、砂場を掘る様には全く掘れないのだ。先端が尖ったスコップで根を切るイメージで地面に突き刺すのだ。これがまた体重をかけなければ切れない為、なかなかの重労働だ。、そして、切り刻んだ根をレーキでかき集めながらdigった地面を馴らすのだ。

地面からおよそ走れるコースにするには30cm近く掘らなければならない。(個人的な感想
もちろん刈り払っただけでも走れない事はないのだが表面だけ笹などを切るだけでは日が経つとまた笹や雑草が生えてくるのだ。自然の生命力は半端ではない。だからコース上は深さ30cm以上は一度掘り返して根を切り、馴らして踏み固めているのだ。この作業で2週間ほど経過を見たが現状は雨も降って地面は締まり、草や笹なども生えてきていない。

最初の地盤作成がコース作りではキーポイントになるようだ。そう悟った。これがもし表面の地面から出た笹を刈り払っただけでは瞬く間に元の雑木林に戻るだろう。除草剤など薬剤は環境への配慮をし、使わない事にした。このコースの山に生えている木々は樹齢100年を超える杉、檜をあるのだ。

40年前後の杉はあちらこちらにある。
その木々を避けるようなテクニカルコースを
引いている。私有地の山なのだが、実は2段になっているのだ。
ちなみに現在の作業はまだ1段と2段の境目辺りだ。現在はとりあえず"一本のコース"を完成させることだ。今後、現在作業中のコースが完成したらこのコースを軸にコースを枝分かれさせるのも面白いと考えている。


そして、最近はコース作成の様子を撮影し、編集した動画をFacebookやYouTubeにアップしているのだが、その動画、作成の様子を見てくれた同郷でカフェをされているカジマさんが見てくれた。カジマさんも県内の土地でMTBコースを作成しており、カジマさんはパンプトラックを現在作られている。自身も現在のトレイルコースが完成したらパンプトラックも作りたいと思っていたので今後はカジマさんのパンプトラックの作業も時間を調整し、手伝って一緒に作業を手伝える事に。カジマさんも自身の作るトレイルコースの作業を手伝ってくれる等、
お互いに協力する事になったのだ。

次の作業はgwになるだろう。、

ついでに言うとトレイルコースを作っている山の隅には椎茸を栽培しており、自家製の椎茸が採取できる。、
生憎この日は雨の翌日だった為、椎茸の笠が開いてしまって割れていた。、
バター焼きなど炒めると肉厚で美味い。

1人で始めたこの先行きの見えない企画だったが
全力でやっているといつの間にか同士が集まってきている。、

未来は地元が少しでも賑やかになればと思う。

ではまた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

たまぷろtamaplo

大分県豊後大野市出身age24Japanese🇯🇵/自転車旅人/国内外旅走行約13000km/珈琲/写真/哲学者/釣り/冒険家/登山/🇰🇷🇺🇸🇫🇷🇧🇪🇱🇺🇨🇦🇰🇭/2016自転車日本一周達成/2018自転車アメリカ横断達成・自転車カンボジア縦断達成

夢の自作MTBコースを作る!!

MTB乗りの夢、プライベートのコース作りNOTE!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。