見出し画像

自作MTBコースを作る!#3

さてさて先日の大雨も過ぎ去りました。
やっと再開です。
大雨で苦労された方も多いかと思います。

前回はレーキが折れるトラブルがあり、
まずはレーキのリペア作業からとなりました。

折れたレーキの肢は鉄のパイプだったので
ペンチで取り外し、レーキ先端部分とエンドに付いていたグリップのみにしました。

そして新たな肢は山に生えている良さげな木を加工。ノコギリで切り、使いやすい大きさに。
生木なので多少重いですがなんか味があって
これはこれでありです。

そして無事にレーキとしての役目を果たせる姿に戻せたので(強度、耐久性は後々)トレイル作成再開となります。以前お話ししたかと思いますが自身が作業しているやまの土地は2段の斜面になっており前回は丁度その1段目と2段目の部分でした。そして草木を切りよくよく見渡してみると2段目の土地は思っていたより広かっとた。、、

コースは長く作れるという喜ばしい限り。
ですが、コースのライン取りをさてどうするか。ジッと斜面を眺めているといつも走ってるイメージ、コースが見えてくるのですが(九州のディープなMTBイベントの影響)今回は少々時間がかかりました。

そして無事にコースラインが見えたので作業。
今までと、今回からは少し作り方に変化が現れてきたんです。今まではとにかく整えて綺麗なコース作りを念頭に作業してました。が、しかしずっと動画など見て目を肥やしていて気づいたのですが綺麗な路面だとMTBは楽しくなかったんです。『故意的に雑なコース路面を作る』事がコース作りには重要なのだと気付かされました。そして実際に雑にデコボコに路面を作り試走をしてみるとこれまで以上にコースの走りが楽しかった。素人なのでこの気づきはコース作りにおいて大きな手応えを感じました。

それと当初から時期も経過して、
蚊が大量に🦟。、、、

蚊取り線香でモクモク煙くしながら
汗が止まらず(汗っかき)飲料水は2リットル〜
が必要になり、シャツは汗で重く。、、

しかしなぜか楽しくて
写真展の準備そっちのけで作業しそうになってました。笑

まだまだ時間がかかりますが
年内完成目標に頑張っていきます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

たまぷろtamaplo

大分県豊後大野市出身age24Japanese🇯🇵/自転車旅人/国内外旅走行約13000km/珈琲/写真/哲学者/釣り/冒険家/登山/🇰🇷🇺🇸🇫🇷🇧🇪🇱🇺🇨🇦🇰🇭/2016自転車日本一周達成/2018自転車アメリカ横断達成・自転車カンボジア縦断達成

夢の自作MTBコースを作る!!

MTB乗りの夢、プライベートのコース作りNOTE!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。