ALISチームの「日本のために」という想いに心打たれた話

前回は「コミュニティに貢献する」という話を書きました。実のところ、オンラインサロンを25歳以下500円にしたり、最近ICOケーススタディ勉強会を主宰したりしているのはそういうことです。こういうことをしているとよく「たむけんさんは優しいですね」とか言われます。ただ、それがコミュニティのためになって、自分のためになるのなら、どう考えても合理的だなと思ってやっています。

ICOの勉強会をはじめたのは、これからICOをするメディアプラットフォームのALISについて知ったのがきっかけでした。もともと僕も次の事業でICOを目指してヒアリングに回っていたのですが、ALISの中の人(安さん・水澤さん)にお会いしたときの印象が衝撃的で。

日本から、日本のユーザーにも告知して大々的にやる、取引所への上場を目指すICOとしては圧倒的にファーストペンギンなお二人だと思うんですが、後発の僕にいろんなことを教えてくださるんですよね。聞くと、日本のICOをもっと盛り上げたい、日本の起業家にあたらしい資金調達手段を教えたい、と。

これだけ他者貢献的な人を久しぶりに見て。このペイフォワードな流れには乗らないと社会に申し訳ないなと思ったのです。勉強会で話を聞いて、その思いを強くしました。

お話を聞いていても普通にビジネスマンとして優秀なチームがやっているという印象で。リクルート社にお勤めのお二人なんですが、共通の知り合い何人かにヒアリングしてもやはり仕事できる人らしいという話を聞きます。

優秀な人が頑張ってもうまくいかないこともあるスタートアップの世界ですが、無事成功されることを祈りたいです。

ICOは本日11時から。
https://alismedia.jp/

まさに今始まったところでしょうか。投資勧誘をするつもりはありませんが、参加される方は詐欺にご注意を。あと取引所のウォレットから直接イーサリアムを送っても買えないどころかイーサリアムも戻ってこないそうなので、かならずMyEtherWalletなどのウォレットを使いましょう、とのことです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

思ったこと、感じたこと、ぜひメッセージで教えてください。続けていくための励みになります。

ありがとうございます。ぜひシェアもお願いします。
5

たむけん

田村健太郎です。起業家をやっています。いまはmint社の代表です。貢献に対して自動でポイントを配れるサービスをやっています。 https://themint.jp/ トークンインセンティブによる世界の合理化を目指すエンジニア起業家。

がんばる人が報われるインターネットを考える

Crypto CurrencyおよびToken economyが盛り上がってきました。そろそろ、これらで「儲かる!」という話だけではなくて、どのように世の中の役に立つかを考えるタイミングなのかなと思っています。 良質なサービスを提供できる人がきちんと利益を得られるインター...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。