存在だけは知っていた。

夫の骨折が落ち着いてきたので、夜に仕事させてもらうことが増えた。結果忙しいビジネスマンパパみたいな生活となり、むすめにとってレアキャラに……。こりゃいかんと週末、思いつきでサンリオピューロランドにつれていった。

サンリオピューロランド。キティちゃんやマイメロディ、キキララ、最近人気のぐでたまなどのキャラクターが目白押しの日本初屋内テーマパーク。……程度の前情報で車を走らせたけれど、結論から言うと予想以上にたのしめた。

まず、ピューロランドはアトラクションこそ多くはないけれど、とにかく撮影スポットが多い。というか、全館撮影スポットだった。

背景はどこを切り取ってもカワイくて、「インスタ・TikTok時代を見こしていたのでは……?」と思うほどドレスアップした女子がセルフィーしまくり撮りあいまくり。来場の目的は写真撮影的な雰囲気の子も多く、ああ、撮ることは若いひとたちのメジャーなレジャーなのだなとあらためて実感。

それで、むすめはもちろんわたしも初ピューロランドということで「サンリオ沼」にハマった人たちをはじめて見たのだけど……ああ、こんな世界もあるのね、といくつかおどろきもあった。

たとえば、キティちゃんと写真を撮るブースがある。そこは手持ちのカメラでは撮ってくれないため1600円(!)で台紙に入れられた写真を購入しなければならないのだけど、それだけではない。「1本500円のバラの花(たぶん造花)をキティちゃんに渡せる」というオプションも用意されているのだ。

バラの花を渡してキティちゃんを喜ばせることができる、その一瞬に500円(一応お返しのプレゼントももらえるが)。夫は「ホストクラブみたい」とつぶやいていたけれど、わたしたちの前のお姉さん3人組はそのオプションを選択していた。キャッキャしながら「会えてうれしい!」とキティちゃんとハグ。あ、たのしそう……。

あとレストランでは、隣に座っていたお母さんが「男の子だけどなんとかサンリオ好きに育ててやったわ!」と笑っていた。ガチだ!

知っていたけど、知らなかった——ピューロランドからの帰路、運転しながらそんな感覚に浸っていた。熱烈なサンリオファン・キティちゃんファンがいることはなんとなく頭にあったけれど、はじめて目にして心で理解した感じ。やっぱり現場の空気を吸うっておもしろい。

そして、ふだん仕事で会うひとやSNSでフォローしているひとに、サンリオクラスタがまったくいないことにふと気づいた。

「いることは知っているけれど、いる実感がわかないひとたち」というのがいる。近くにいないから、ふだんは存在に思いを馳せることのできないひとたち。

今回サンリオ沼にハマっているひとたちは、まさにそうだった。「ああ、ピューロランドには、こんなにたのしそうなひとたちが毎日押しかけてるんだな」とはじめて明確に意識したから。いまこうしてnoteを書いている間にも、キティちゃんの部屋にウキウキしながら向かっているひとがいる。

ピューロランドに行ってそんな感想かい、という感じもするけれど、いかに自分がふだん意識していない世界があるか、そこでも世界はたのしく動いているかをかみしめた。世界にはいつも見ている正面だけじゃなく、横側も裏側もあるし、並行に走っている世界もあるのだ。

そういう世界の多様さを、むすめにも知ってほしいなあ。そんなことを思いながら、多摩センターからの道を走ったのだった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。いただいたサポートは、よいよいコンテンツをつくるため人間を磨くなにかに使わせていただきます……!

花粉症しんどいけどハッピーになりました!
52

田中裕子

batonsのライター。編集、インタビュアー。本をつくったり、雑誌やウェブで記事を書いたり、イベントの司会をしたり。鹿児島出身、東京在住。保護犬の柴犬テンコがかわいい。 noteは平日毎日更新(予定)。https://tnkyuko.themedia.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。