写真の奥深さ

きっちんスクール、第3回はららんさんの「SNSで最高に美味しく魅せるフォトレッスン」でした。


写真ってすごい!と思った講義内容。
その1 fesebookなどは、自分の世界感を伝わるもの。HPなどはクオリティ重視
その2 ブレない写真を撮るには、壁にもたれる、テーブルに肘をつくなど固定を。暗いところで撮るより、明るいところで取り直しが近道。
その3 太陽光(自然光)で撮る。レフ板で光と影をコントロールする。撮影場所は定位置を確保しておくとよい。大切なのは、写真の出来上がりをイメージして撮ること。

そして、実際に撮るワークへ。
とてもわかりやすくて、ずっと「へー、ほー、すご〜い!」を連呼してました。露出補正や基本の構図、主役の引き立たせ方、スイーツの盛り付けや周りのアクセサリーの配置、レフ板の使い方、撮った後の写真の加工、とにかく内容が濃くて、あっと言う間に時間が過ぎていました。
実際に撮った写真を加工していくと、とってもワクワクします!そう、撮った写真そのままではないけれど、私がカッコイイと思える写真に近づけるのです。あーでもないこーでもないと、まさしく感性の世界。


また、nanasweetsさんの差し入れてくださった焼き菓子を主役として撮らせていただいたのですが、これが素敵すぎました。そして、美味しい。ほんとうにごちそうさまでした。

後日、自分の作ったものを撮りたくて、家の中で場所探し。今まで撮っていた場所では、少し暗かったようです。テーブルクロス探してみよう、小物があるといいなと、ワクワクは続いています。
ららん先生、本当にありがとうございました。レフ板、二つ折りに作りまして、早速活用させていただいています。

7

すたーとあっぷきっちん作り手さんnote集

お菓子/パン/ごはんなどの作り手さんたちの奮闘記です! それぞれが、たくさん考えて、試行錯誤しながら、時には後退しながら、でも前進しています! 是非一緒に育てるような親心で見守って頂けますと嬉しいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。