2015年1〜3月に聴いて良かったCD

なんだかんだで色々聴いたので、時系列順にお勧めしていきます。聴いたうち半分から1/3くらいの紹介。量が多いので基本的に短文です。

BABYMETAL「LIVE AT BUDOKAN ~RED NIGHT~」
音がむちゃくちゃ良いので聴き応えありです。楽器も基本生なので、今なら昨年出たアルバム買うよりこっちの方が良いかも。

OK?NO!!「Rharpsody」
結果としてこれが最初で最後のCDリリース作品になってしまいましたが、その魅力は全て詰まっています。単純なCymbalsフォロワーを超えてオリジナリティを産み出した「Rhapsody」は聴き応えあり。

Negicco「Rice&Snow」
個人的には前作の路線を割と踏襲しててマルチネ人脈が東京インディ人脈に入れ替わったな、という印象。統一感は感じられたけど、connie楽曲へのマッチ度とか考えるとそうでもないかも感。良いアルバムだけどまだまだいけるんじゃない?という感じはある。

入江陽「仕事」
良い。ブラックミュージックを適度な温度感に落とし込んでいる。濃すぎず、薄すぎず。池田智子(Shiggy Jr.)をはじめとしたゲスト陣も良い味出してます。

武藤彩未「I-POP」
楽曲の強度(メロディの印象に残る感じとか)は確実に上がっている。個人的には既に公開されてる生バンドVer.が良かったし、ライブでも生演奏結構やってるみたいなのでその辺のバランスを意識して欲しいな、と思った。全打ち込みはもったいない。

悠木碧「イシュメル」
「魔法少女まどか☆マギカ」で鹿目まどかを演じた声優さんの初フルアルバム。ゴシックな感じのコンセプトにのっけた楽曲がどれもいい。こういう雰囲気、結構好き。

中納良恵「窓景」
シンプルに凄い。歌もそうなんだけど、響きも含めて、音像を考えて作ってあるのかな…?と感じた。

クラムボン「triology」
色々と先に取りざたされてしまったけど、メロディとアレンジと歌詞がうまく調和している感じはある。「the 大丈夫」とか良いし個人的には「Scene3」がすごく気に入ってる。

TWEEDEES「The Sound sounds.」
グッドミュージックだけど独特な味のある沖井スパイスにより聴いたらなかなか耳から離れない楽曲群。そしてその曲を変幻自在で乗りこなす清浦夏実さんのボーカルも素敵。とても優秀なポップスアルバム。

lyrical school「SPOT」
リリスクのことは好きすぎるのでなんとも書くのが難しいんだけど、「楽曲が良い」だけでなく「ラップの実力がついてきた」ことで聴き応えが増幅している作品。何度も言うけど後半の情感のこもったラップが最高です。

Tigran Hamasyan「Mockroot」
なんじゃこれ!!と叫びたくなるけど、アルメニア出身のジャズピアニストの新作。ジャズ・メタル・エレクトロなど色々な音楽が混ざってて独特なグルーヴに繋がっている快作。

Kendrick Lamar「To Pimp A Butterfly」
なんじゃこれ!!2回目。フライング・ロータスやディアンジェロに続くプログレッシブ・ブラックミュージックとでも言おうか。なんかぬめっとした感じのビートだけどクセになる感じが強い。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

たにみやん

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。