見出し画像

#26 「私の夢」 世界一のGarden Designerになること。



約5年前、20歳の時に夢を見つけた。いつも三日坊主ですぐ諦める性格の私だが、今回はとりあえず5年同じ夢を持ち続けてそれに向けて、仕事したり、勉強したりしている。



私の夢は世界一のGarden Designer になることである。

また、その後外国にも拠点を持つこと。


元々実家が植木屋で、父親の代から庭作りもはじめた。
そのため、休みの日は仕事を手伝わされた。5歳くらいからやったと思う。
自然と庭の魅力、植物の持つ魅力に引き込まれていった。



世界中にはいろんな庭があり、そのそれぞれに意味があり、使っている素材も違うし、意味も違うし、植物も違うし、cultureも違うし、etc.....

それ全部知ってたらめっちゃ面白くない?それ色々パズルみたいに組み合わせたら新しいのできるやん!って20歳のわたしは思った。


日本の庭づくり文化は世界でもトップレベルです。特に細かいところにまで気を配れる技術は一番だと思う。

日本でずっと修行して挑戦する方法もあると思う。

でも、、みんなと一緒のことをやっていても、同じ結果しか出ないのではないかと思った。


だから私は外国の技術、感覚、考え方を学びたいと思い、近々の目標として、外国のGarden Designer の元で働こうと思った。

そのため、今留学している。庭作りの世界から離れて。

この間にもライバルたちは着々と実力をつけて、結果も残していっている。



18歳から庭師として修行しているライバルもいる。

前職の同期もカッコイイ庭をデザインしている。

こうやってブログを書いている間にも奴らは成長している。負けてられない。



留学するっていった時、応援してくれた人がいっぱいいた。

・お前ならできるよ。

・おもろいやん。

・やっぱぶっ飛んでるなー。

すごい嬉しい、自分の力になる。


でも、それと反対に、批判の意見も沢山いただいた。

・絶対失敗するよそれ。

・甘すぎでしょ。

・もうちょっと修行してからの方がいいんじゃない。

この言葉忘れられない、私の原動力になっている。
絶対成功してやるからなーーーーーーーーーと歯食いしばって思った。


今やるべきことはコミュニケーションを取るための英語である。TOEICの点数、IELTSの点数でもなく、仕事仲間、お客様とコミュニケーションを取るための英語である。

さっ、今日は勉強しよう!



明日は韓国人と遊ぼう!笑




fin.



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

Tanny_landscape

大阪府池田市東山町→東京都世田谷区三軒茶屋→Iloilo City, Philippines

BKSmagazine (ブログ強制制度)

週一回出されるお題に対して ブログを書き投稿する。

コメント4件

はじめてGarden Designerという言葉に出会いました!!素敵な夢ですね!!批判な意見って本当に大事だなって思います。批判されるから心の奥底から「ブチっ」て聞こえるくらいのスイッチが入る。それが夢を叶える一歩なのかなと思います。
はじめまして!ありがとうございます!!ほんとそうですよね。すごく原動力になってます😁
また一つ楽しみが出来ましたね♬Tannyさんの夢が叶った時には見に行きます!
ほんとですか!😁ありがとうございます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。