熱量の差

取材をしていると感じること。相手との熱量の差。

相手の熱量が大きいとき、出来るだけ受け入れられるようにしようと食らいつく。

逆に熱量が小さいときは、相手との距離感に淋しさを感じながらも、飲み込まれないようにしようと必死になる。負けず嫌いな部分が出ちゃうんだよね。

同じバランスで話せるようになるには、もっともっと、もっと先なのかもしれない。


まだまだだな、と思い続けて走る。
死ぬまで終わりは来ないんだろうけど。

みんな前を見ているけど、遠くを見過ぎてもいけないんだって今日少し思った。「まず、やってみよう」と思いながら毎日過ごせたらいいのかもね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

tanno kaori

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。