【Ayurveda】項目多めのドーシャ(体質)チェック

アーユルヴェーダとはサンスクリット語で「生命の科学」という意味。
インドで5000年の歴史を持つ伝統医療です。個人が健康で幸せで快適な生活を肉体的、精神的、社会的に送るためにすべきこと、してはいけないことを説明しています。

アーユルヴェーダでは5つのエネルギー(①空 ②風 ③火 ④水 ⑤地)からなるトリドーシャ(3つの体の性質)という考えがあります。
人や物の性質は以下のトリドーシャに分けられます。
①空と風のエネルギー → VATA / ヴァータ 
②火と水のエネルギー → PITTA / ピッタ
③水と地のエネルギー → KAPHA / カファ

自分がどのドーシャを持ち合わせているか知ることで食べ物や環境を調整でき心身のパランスをとることができます。

体質は、受精に決まっている先天的な"プラクリティ"と生活していく上で変わっていく後天的な"ヴィクリティ"があります。
以下の質問に「生まれた時はどうだったか」「今はどうか」と二つに分けて回答をしてみて下さい。

VATAの答えはV、PITTAはP、KAPHAはKとしていますのでV、P、Kのそれぞれにいくつ該当するか合計してみましょう。
多く該当してものがあなたのトリドーシャのバランスです。

 1.出生時の大きさ
V/痩せて小さい方  P/普通の大きさ  K/大きい方
2.身長
 V/低いか、細くてノッポ  P/普通の身長  K/背が高く頑丈か、低く太い
3.体重
V/痩せていて太りにくい  P/普通で体重の増減がある K/肥満しやすく重い
4.骨格
V/肩・お尻が小さく軽くて華奢 P/中ぐらい K/肩がしっかりしていてお尻が大きい
5.筋肉
V/靭帯が目立ち、発達が悪い  P/発達が良くしっかりしている K/強くがっしりして発達している
6.関節
V/突出していてポキポキ音がし、筋張っている P/柔軟で手指が反り返りやすい K/健康的でスムーズに動き、大きい
7.顔
V/のっぺりした卵形 P/尖った顎で、ひし形な顔 K/丸顔で大きく、顎も大きい
8.首
V/筋張っていて長いか、短い P/均整がとれて普通 K/がっしりして安定感がある
9.鼻
V/ワシ鼻、小さくて細い、左右不対象 P/鼻筋が通り高く、普通の大きさ K/幅広く大きく丸鼻で油性
10.目
 V/小さく細い、奥目 P/瞳は輝き、普通の大きさ K/薄い褐色で大きく、まつ毛が長い
11.口
 V/大きいか小さい、歯肉が薄い P/普通の大きさ K/大きい
12.唇
V/引き締まり、小さく薄い、乾燥気味 P/柔らかく、赤い、均整がとれて中ぐらいの大きさ K/しっとりして滑らか、厚く大きい
13.歯
V/歯並びが悪く弱い、大小不揃い P/普通、黄色みがえり歯肉が柔らかい K/強く白い、健康的な歯肉
14.毛髪
V/乾燥し、薄く黒い、縮れ毛 P/赤みがかかり、柔らかく細い K/しっとりした艶のある黒髪、白髪があまりない
15.皮膚
V/薄く乾燥気味で冷たい P/柔らかく温かい、黄色みがあり日焼けしやすい  K/色白で冷たく湿っているが滑らか
16.汗
V/ほとんどかかなく、体臭が少ない P/暑さに柔く汗っかき、体臭が強い K/普通、ほんの少しかく程度で体臭も強くない
17.温度の好み
V/暖かいのが好き P/寒さに強い K/寒いのが嫌い
18.大便
V/硬く便秘しがち P/規則的で快便、柔らかい K/量が多い、間隔は長いが規則的
19.食欲・消化
V/不安定 P/食欲旺盛で消化はスムーズ K/穏やか
20.活動性
V/活発で忙しく落ち着きがない、疲れやすい P/情熱的で知的、機転がきく、集中力がある K/慈愛深く献身的、動作はゆっくりで落ち着いている
21.安静時の脈の速度
V/80-100/分 P/70-80/分 K/60-70/分
22.睡眠
V/熟睡しにくく、途中で目が覚める P/普通で健康的な眠り K/熟睡しやすい、眠ることが好き
23.夢
V/怖い、飛ぶ、走る等の活動的な夢 P/火、戦争、暴力等の危険な夢 
K/水、心地いい夢
24.話し方
V/言葉は豊富で早口 P/鋭く明瞭で無駄なくはっきり話す K/ゆっくり落ち着いて話す
25.思考
V/口先ばかりで行動が伴わなく、表面的 P/計画的で完璧主義、集中力がある K/おっとりして穏やか
26.記憶力
V/昔のことは覚えてないが記憶は速い P/すぐ思い出し、物覚えが良い K/物覚えは遅いが、一旦覚えると忘れない
27.信念
V/変わりやすく長続きしない P/勇敢で強い信念を持っている K/保守的、信念深い、心変わりが少なく、独善的
28.情緒
V/不安になりやすく、すぐ緊張する P/批判的で攻撃的 K/物事にこだわり執着する
29.生活スタイル
V/習慣性がない P/計画的でチャレンジ旺盛 K/変化を嫌い、規則的で着実
30.金銭感覚
V/浪費し、困ることが多い P/普通、理論的で調整できる K/貯金が上手、倹約家
31.友人関係
V/知り合いは多いが親しい人は少ない P/好き嫌いがある K/たくさんの友人がいて誠実
32.情報把握
V/素早く倫理的 P/簡単に吸収する K/全体把握に時間が掛かる
33.ストレス耐性
V/低い P/普通 K/高い

合計はいかがでしょうか?
Vが多ければあなたはVATA体質、PであればPITTA体質、KであればKAPHA体質です。

正確に言うと体質は以下の10通りに分類されます。

・ヴァータ(ヴァータだけが極端に多い)
・ピッタ(ピッタだけが極端に多い)
・カファ(カファだけが極端に多い)
・ヴァータ-ピッタ(ヴァータが一番多く、その次にピッタも多い)
・ヴァータ-カファ(ヴァータが一番多く、その次にカファも多い)
・ピッタ-ヴァータ(ピッタが一番多く、その次にヴァータも多い)
・ピッタ-カファ(ピッタが一番多く、その次にカファも多い)
・カファ-ヴァータ(カファが一番多く、その次にヴァータも多い)
・カファ-ピッタ(カファが一番多く、その次にピッタも多い)
・ヴァータ-ピッタ-カファ(3つがそれぞれ同じくらい)

上記に合わせた過ごし方、食べ物などについて今後記事にしていきます。
アーユルヴェーダの知恵が誰かの役に立ちますように!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Tantan

ヨガインストラクター�/アーユルヴェーダセラピスト 2019年に神奈川から沖縄に移住 主にヨガ・アーユルヴェーダ・沖縄生活・エコについて発信 環境と動物に優しい暮らしを模索中

シンプルアーユルヴェーダ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。