【海外アーティストって高いよね】の仕組み教えちゃいます。vol.2

前回のノートではギャラに関してお伝えしましたが、本ノートではそれ以外の経費をご紹介します。

海外からアーティストを招聘すると、皆さんもすぐに思いつくと思いますが、以下の経費がプラスで必要になってきます。

・渡航費
・ホテル代
・ビザ取得費(※自社で取得もできます)
・アテンダー費・国外事業者が行う芸能
・スポーツ等に係る消費税の課税方式

上記の中身を確認していきましょう。場合によっては必要以上に経費が掛かってしまいますので、注意してくださいね。

・渡航費

海外から国内への移動費です。つまりフライト代ですね。国内の個人への交通費等の支払時も同様ですが、

フライトを直接招聘する側が予約をしてアーティスト側にe-ticketを送る。
もしくはアーティスト側が手配した旅行代理店に直接支払う。

この場合は源泉徴収税の対象にはなりません。

この続きをみるには

この続き:2,811文字

【海外アーティストって高いよね】の仕組み教えちゃいます。vol.2

Taro Yasuzawa

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。いただいたサポートは今後の芸術性を社会に浸透させていくための活動資金に使わせていただきます。

芸術が溢れるように。
35

Taro Yasuzawa

#音楽 記事まとめ

楽曲のレビューやおすすめのミュージシャン、音楽業界の考察など、音楽にまつわる記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。