Bリーグ2018‐19シーズン前半戦を振り返る。外国籍選手のオンザコートルールの変更について

富樫選手の劇的なスリーポイントシュートにより延長戦の熱戦に終止符を打ち、千葉ジェッツの3連覇で終えた天皇杯。2019年の男子バスケの盛り上がりとしてはこれ以上ないスタートだったのではないかと感じる。この後、Bリーグが再開されてBリーグのオールスターとレギュラーシーズンの後半戦そしてチャンピオンシップ、男子バスケ日本代表で言えばワールドカップのWindow6、ワールドカップ出場が決まれば夏には中国で

もっとみる

10年目の邂逅‐その2‐:10年前のレブロンの凄さから予想する2018-19シーズン

前回の記事では2007‐08シーズンオフに起きたセルティックスBig3形成までの話を書いた。今回の記事ではその2007‐08シーズンのプレイオフでのレブロンの凄さに改めて触れつつ、そこから2018‐19シーズンにおけるロサンジェルス・レイカーズを大胆にも予想してみたい。
結論ファーストでいくと、2018‐19シーズンのロサンジェルス・レイカーズは“最低でも西カンファレンス・ファイナルまで勝ち上がり

もっとみる

2020年東京五輪に向けて!残り2年間で日本代表が出来ること

これまでの記事でアメリカの強さと今後について考えてみた。2020年東京五輪で日本女子バスケ代表が金メダルを取るためにはアメリカ(とアメリカ以外の強豪国)をトーナメントで倒す必要がある。そのために残り2年間で出来ることを5つの案として考えてみた。
※ここで述べているのはあくまでも案であり、現実的に出来ないこともあることをご了承ください。

1.代表経験が豊富な選手の登用
2.国際試合の有効活用(アジ

もっとみる

2020年東京五輪に向けて!アメリカ一強体制は続くのか?

アメリカの3大会連続金メダルで終えた2018年FIBA女子バスケットボールワールドカップであるが、このまま2020年東京五輪に向けてアメリカの一強体制が続くのかを考えてみたい。
結論から言うと筆者の観点では“2020年の東京五輪もそれ以降もしばらくアメリカの一強体制が続く”と考える。理由はシンプルに2つ挙げる。

1.インサイドのタレントレベル
2.世代交代の成功

である。理由を説明する前に少し

もっとみる

FIBA女子バスケットボールワールドカップ!最強アメリカの勝因と日本女子バスケ代表が2020年東京五輪での金メダルを目指すために

2018年FIBA女子バスケットボールワールドカップはアメリカの優勝にて幕を閉じた。アメリカの強さは圧倒的であり簡単にデータで示す。
・1996年のアトランタ五輪以降国際大会で100勝1敗
(1敗は12年前の2006年のワールドカップ準決勝ロシア戦)
・ワールドカップで22連勝中
・オリンピックも入れると国際試合で46連勝中
・46連勝中における相手との点差は平均で35.5点!!
とあまりにも強い

もっとみる

FIBA女子バスケットボールワールドカップ!グループの順位が確定!!

まず分かりやすいグループDから。中国がセネガルに勝利して、
1位:アメリカ、2位:中国、3位:セネガル、4位:ラトビアとなる。

そして、スペインとベルギーの試合は本当に死闘となる。ベルギーが8点差以上で勝利すればベルギーが1位となるこの試合。スペイン15点差ビハインドで始まった第4クォーター、残り1分でこのきわどい点差(8点差前後)でベルギーがリードする展開。スペインが残り1秒でフリースロー2本

もっとみる