シネマ小説 『前の住人がやって来た』 出演者インタビュー (令香役 桃月なしこさん)


2019年6月21日に、弊社が運営するチャット小説アプリpeep内に公開されるシネマ小説の第5弾『前の住人がやって来た』のなかで、前の前の住人・令香役を演じられた超人気コスプレイヤーの桃月なしこさん。

コスプレイヤー、ナース、女優と様々な顔を持つ彼女に、撮影中のエピソードやプライベートのことについてお話をお伺いしました。

超人気コスプレイヤー 桃月なしこ 

現役ナース(准看護師)として活動中の傍ら、「ニコニコ超パーティー2017」コスプレステージをはじめ多くのコスプレステージに出演し、多数の雑誌で表紙掲載される超人気コスプレイヤー。現在はバラエティー番組や、数多くの映像作品に出演し、女優としても活動の場を広げている。

━━まず始めに、お芝居をしてみた感想を教えて下さい。
桃月さん
) 一言ですけど、難しかったです。
人殺しをした人の心情っていうのがなかなか想像しにくくて苦戦しました。

━━今回令香はミステリアスな役どころだったと思うんですが、演じる上で表情や仕草など意識したことはありますか?
桃月さん
) あんまり笑わない、とかですかね。
緊迫したシーンが多かったので常に心掛けていました。

━━コスプレイヤーはいつからされてますか?
桃月さん) 5年前くらいだったと思います。

━━今までどのくらいの数のくらいのコスプレをされてきたんですか?
桃月さん
) はっきり覚えてないですね。
趣味でやってる分と、お仕事でやってる分とがあるので、両方合わせると何十種類とかになると思います。

━━コスプレを始めたきっかけってなんだったんでしょう?
桃月さん) もともとアニメとか漫画がすごく好きだったんです。
親も漫画好きで、家には漫画がびっしりとあったし、新作アニメは必ず録画してありました。ずっと身近にそういうものがあったので、自然な流れでコスプレにも興味を持ちました。

━━なるほど。
桃月さん) でも当時まだ高校生でお金も全然なかったし、コスプレが世間的に認知度もなくて偏見の目もあったので、なかなかやりづらかったんです。
でもある時、高校の同級生が地元でコスプレのイベントがあるから一緒に出ようよ、衣装貸すから!って誘ってくれてたのがきっかけでハマりました。

━━看護師もされてると伺いました。忙しい毎日だと思いますが、リラックスタイムは何をして過ごされますか?
桃月さん
) 今は謎解きゲームにハマっているので脱出ゲームに行ったり、アイドルがすごく好きなのでアイドルのライブに行ってますね。
ほんとは最前列で全力で応援したいんですけど、周りの視線が痛くて後ろの方でこっそり黙って見てます(笑)。

━━漫画好きとおっしゃってましたが、おすすめの漫画はありますか? 
桃月さん
) 最近ハマったのが、『今際の国のアリス』っていう漫画です。
結構グロいやつなんですけど、でもストーリーがしっかりしていて。
最後まで読むと、こことここが繋がってる!みたいな伏線回収もちゃんとされててめちゃくちゃ良かったです。

━━peepは読んだことありますか?
桃月さん) あります。
撮影のお話を頂いた時に、あ!知ってるやつだ!って思って。

━━それは嬉しいです!ありがとうございます。
桃月さん
) 読み始めると眠れなくなっちゃいますよね。一時期すごい読んでた時があって、夢に出てきました。

━━ええっ(笑)。どんな夢ですか?
桃月さん) 私、怖い系のストーリーが好きでどんどん読んじゃうんですよ。
そのイメージが残っちゃってて、夢でも怖い思いをしていたので寝る前にはあんまり見ないようにしました。

━━印象に残ってる作品はありますか?
桃月さん) ホラーものが好きなので、そのジャンルは結構まんべんなく読んでました。

━━最後にpeepの読者にひとことお願いします。
桃月さん) 今回演じたのはミステリアスな役なので、きっと普段の私とは違う姿が見れると思います。ぜひ皆さんに楽しんでもらえると嬉しいです!!

         (写真右:taskey株式会社代表取締役CEO 大石ロミー)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

taskey 広報

taskey magazine

「21世紀、最も読まれる物語を生み出す」という理念のもと、チャット小説アプリ「peep」を運用している創業5年目のスタートアップ企業のブログです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。