図3

ご指定のページが見つかりません

 待ちに待った小説大賞が始まろうとしている。

 一週間前にレギュレーションが発表されて以来、気の早い者たちが「練習」と称して小説を投稿し、称賛を浴びていた。それを羨ましいと思わなかったかといえばウソになる。俺もあんな風にパッと書いてパッと出して称賛されたかった。でも、それをしなかったのには訳がある。

 ひとつには、単純に自分の手札が少なかったということだ。

 俺は筆が早いほうではないし、アイデアマンでもない。手持ちのネタから色々とかき集めてみたところで、結局は短編2本分が限界だった。『ハリーポッター』観たことあるか? 金庫でウィーズリー家が小銭をかき集めてるシーンがあるんだが、俺もああいう状態だった。我ながら笑えるよな。

 まぁそれは俺の技術不足だから仕方がない。問題はもうひとつのほう。

 シンプルに言うと、仕事がちょっと思わしくない感じだったのだ。

 業務上の秘密もあるので詳しくは話せないのだが、俺の仕事はいわゆる「相手ありき」の商売で、自分の裁量外の部分に影響されがちだ。で……この一週間の「相手」というのがまぁひどかった。

 そもそも行動に予測がつかなすぎる。

 ……お前は家に入るときどこから入る? まぁ、玄関からだよな。俺だってそうだ。

 その「相手」は、玄関から出ていったかと思えば入るときは2階のベランダから入り、そして次に出てくるときは1階の窓から出てくる……そういう奴だ。

 そんな奴だから決まった時間通りにやってくるわけもなし、こちらの予定は毎度毎度大幅に狂わされ、リカバリのための各種手続きが始まる。残業で脳のリソースは食い潰され、小説を書くこともできず、家に帰って金麦を飲み、眠る……そんな生活。マジで作家生命の終わりが見えてすらいた。

 だがそんな生活も今日で終わりだ! ようやくこの仕事が片付く。

 待ってろよ。度肝抜いてやるからな!

***

「よし、やるか」

 俺は文章を投稿し、クマ用捕獲網を装填したバズーカを構えた。

(つづく)

書きはしたものの、内輪ネタに近しいものだったので没にしました。供養供養。
明日からは逆噴射小説大賞ですね。残弾の確認はダイジョブ? 始まってもまだ期間はあるよ! とにかく、無理せず頑張っていきましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

🍑🍑🍑🍑
24

桃之字(制作本舗ていたらく)

小説家/暗黒コラムニスト/映像作家。オリジナル小説とか、グラブルの推し妄想とか、褒め褒め長文を書いたりとかしています。ニチアサ風変身ヒーロー小説「碧空戦士アマガサ」連載中。

ていたらく出版

桃之字の書いた小説やそれにまつわるコンテンツのまとめ▼ 各作品の目次は【総合目次】を参照してください▼
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。