見出し画像

おもちゃで遊ぶときにお話考えたりしてた、そこの君へ

 子供のころから、隙あらば"お話"を考えていた。

 物語とか小説なんてものじゃない。単なる"お話"。初めだけとか、シーンだけの、お話。

 おもちゃのロボットと恐竜をガチャガチャとぶつけ合いながら、頭の中では壮大なBGMとSE、そしてアツい台詞を再生し、取り留めのない“お話”を毎日のように展開させていた。

 レゴブロックで作った家をティラノレンジャー(恐竜戦隊ジュウレンジャー)がぶっ壊して、キレた犬に噛みつかれて死んだ話とか。

 レール(絨毯の溝)から外れられなくなったトラックを、トリケラトプスと謎のロボットが助けるお話とか。

 ミニ四駆に乗ったビーダマンが、悪の組織の親玉(母親)を倒すお話とか……。

 今となっては恥ずかしいけれど、「我こそは†闇の死者†!」みたいな時期もあった。「影真似の術+バラバラの実+三重オーバーソウル」みたいにハマってる漫画の設定をツギハギして最強になったり、伝説の剣が目の前に降ってきて最強無敵の勇者になって襲撃者(詳細不明)を倒したり。

 教室に突然不審者が入ってきたらどうするかのシミュレーションなんて、軽く100通りは考えたと思う。


 これはきっと僕だけではない。僕はそれを知っている。


 君は今、僕の話を読みながら「ああ自分もやっていたなぁ」なんて思っていたのではないか。

 もしそうなら。そして、今もその気があるのなら。

 その物語を、形にしてみませんか?

 冒頭の800文字だけでいいんだ。

 1本だけでいい。最大で5本までイケるけど、1本だけでいい。

 誰も君を笑わない。誰も君を、いい歳してなにやってんだなんて言わない。

 大の大人が全力で、「ぼくのかんがえたさいきょうのしょうせつ」の書き出しだけをぶつけ合う。

 今、書きたい物語はないかい?

 今、想像しているお話はないかい?

 あるなら、書いてみないかい?

 君の考えた最強の小説。僕はそれを読みたくて仕方ない。

 それを書けるのは君だけだ。

 インターネットは君を待っている。

(つづく/800文字)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

オレモー!
21

桃之字(制作本舗ていたらく)

小説家/暗黒コラムニスト/映像作家。オリジナル小説とか、グラブルの推し妄想とか、褒め褒め長文を書いたりとかしています。ニチアサ風変身ヒーロー小説「碧空戦士アマガサ」連載中。

ていたらく日報

桃之字の日々のていたらくをノンジャンルにお届け
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。