見出し画像

九十九神の万事屋さん

 ──この酒、味がしない。

 それに気付いたのは、皿に零した酒を啜った時だった。

 半年に渡る週7バイトと夕飯モヤシ生活を経てようやく購入した幻の酒、<龍の声>。芳醇な香りと裏腹に飲み口は軽やかで、後から健やかな甘みと爽やかな酸味、そして暴力的な旨味が押し寄せる、龍をも唸らす銘酒……の、はずなのだが。

「……?」

 俺は手元の皿──酒浸しになったエイヒレの皿から、銘酒をもうひと啜り。

 ……やはり、味がない。水以上に無味無臭だ。

「き、きっとエイヒレのせいだ……」

 呟きながら、俺は卓袱台の酒器を手に取った。

 梅柄の、白い盃だ。

 馴染みの骨董品屋のクジ引きで当てたもので……先ほどは倒してしまったが、底にはまだ酒が残っている。

 俺は祈るような気持ちで、杯を傾け──

「ッ!!」

 直後、極上の味が津波の如く押し寄せた!

「うッめェ!」

 よかった、どうやらこの盃なら美味しく呑めるぞ!

 喜びと共に、俺は再び盃を口元に近づけ──その時だった。

『はい、そこまでー!』

 盃が、飛んだ。

「わっ!?」

 そいつは俺の周囲を舞い、目の高さで静止して言い放つ。

『これ以上は、別料金や!』

「さ、ささ盃が飛……喋っ……!?」

 狼狽える俺などお構いなしに、そいつは少女のような声で喋り始めた。

『なぁなぁなぁアンタさん? ウチでもっとお酒飲みたいよなぁ?』

「あ、はい、まぁ……」

『んふふーせやろせやろ? でも、タダってワケにゃいかんのよ』

「……?」

 訝しむ俺を見て、盃は愉快そうに声をあげる。

『なぁに、ちっと万事屋の仕事を手伝ってもらいたいんや』

「万事屋?」

『そ。ウチ、万事屋やねん。あの店で、とある九十九神を探しとってな? もし見つけたら、ウチを使って好きなだけ酒を飲んでええで。どや?』

「お、おう……?」

『ちなみに探すのは箸置き。刀の形の奴な』

 箸置き。

 その言葉を聞いて俺の脳裏を過ったのは、骨董品屋のチラシだった。

見切り品処分ガチャ
 A賞
 B賞
 ・
 ・
 ・
 F賞 ランダム箸置き 全120種

(つづく/800文字)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

🍑🍑🍑🍑
38

桃之字(制作本舗ていたらく)

小説家/暗黒コラムニスト/映像作家。オリジナル小説とか、グラブルの推し妄想とか、褒め褒め長文を書いたりとかしています。ニチアサ風変身ヒーロー小説「碧空戦士アマガサ」連載中。

ていたらく出版

桃之字の書いた小説やそれにまつわるコンテンツのまとめ▼ 各作品の目次は【総合目次】を参照してください▼
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。