言葉と呪縛

noteのこのヘッダー画像システム、いいですね。
素敵なお写真をたくさん見ることが出来て、そして使わせていただける。
すごく素敵だなぁと思って選んでも、書いている内容が内容で、写真に申し訳なくなってしまいます。

昨日、少しばかり自分の心の中にあることを言葉にして、noteを書きました。

言葉って、呪縛だなぁと思う。
他人から言われたことはもちろん、自分で自分にもかけてしまう。
私はこうだから…と。
おまえはネガティブだと連呼されると、ますますネガティブになっていく。その言葉に縛られて、身動き取れなくなる。
まるで、呪縛だ。

これを、ポジティブに使うと「呪文」になるのかな。と思いながらも、なかなかそう切り替えるのは難しい。
といって、いつまでも他人のせいにもしていられない。
そして生まれるのが「焦り」と「不安」。

この言葉の呪縛をどうやって解いたらいいのか、今の私に答えはない。
ただこうして何か自分の思っていることを文字にすることで、少し思考の整理は出来るような気がする。
つまり、自分を見つめ返して、本当にネガティブなのか。ネガティブしかないのか?ポジティブ要素はひとつもないのか?と新しい呪文を自分に唱えることだ。

自分の内側にあるものを外側に出して、それに向き合うのだから、それは相当な勇気があるはずだ。こっぱずかしいに決まっている。しかも、noteに書いている。誰が読むかわからないのに。
と考えると、これは私にしたらすごい出来事なんじゃないか?えらいじゃん。と褒める材料にしてあげられるわけだ。

自分を褒めるといい。
その日良かったことを書き出すといい。
そんなことが書いてある本もたくさんあるけど、今の私にはそれさえもちょっとハードルが高い。だけど、思っていることを整理しながら文字にしていくことは、そんなにハードルが高いとは感じない。
であれば、やってみるべきだろうと思い、今日もこうして書いている。

自分と他人の価値観の違いに悩むのは、それだけ他人のことも尊重しようと思っているからじゃないのか。と思うことは傲慢ではないし、自分を守ろうとしているわけでもなく、そういう視点もあるということだと思う。
その視点を忘れてしまう(もしくは知らない)人は、自分勝手な見方だというかもしれないが、それこそが自分勝手であることに気づいていない。

堂々巡りになってしまうからこそ、自分で自分の言葉を呪文に変える努力をしなくてはいけないんだろう。
ゆっくりでいい。自分を好きになって、今の自分を丸ごと大事にしていければいい。他人にかけられた呪縛を解いて。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキしてくれて、読んでくれて、ありがとうございます。
5

mash

私の頭の中。

頭の中を文字にしてみる、ただそれだけ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。