フォトグラファーのための iPad活用法 2

FlashAirを使う

前回は「撮影時に簡易的擬似的テザー撮影 」まで書きました。

初めてのnoteなので、内容が見合っているのか?長いのか短いのか?見やすいのか?分からないまま発信しています。ご要望などございましたらコメントをお寄せ下さい。

さて、第2回は「2:Eye-Fiカード(FlashAir)による転送」から始めます。

画像転送用のSDカードって?難しい書き方ですが、SDカード自体がWi-Fi転送機能を持っているものです。以前はEye-Fiカードという商品がこの分野の草分けでした。その後Eye-Fiカード以外でも2,3のメーカーから同様の商品は出ています。今はEye-Fiの会社自体が存在していません。引き継ぐ形で東芝がやっています。東芝は以前よりFlashAirというSDカードを出していました。Eye-Fiが東芝に移行してからはEye-Fiカードと同様の機能がFlashAirに入りました。下の写真のカードがそれですが、「w-04」という型番のものです。僕もこれを使っています。

東芝がEye-Fiを買収する以前までの型番は「w-03」です。このカードも持っていますが、この2つには決定的な違いがあります。

この続きをみるには

この続き:6,171文字/画像18枚

フォトグラファーのための iPad活用法 2

tatsphoto

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします。
5

tatsphoto

M.F.Magazine

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。