#003. Crew roll

(このノートは私がオーストラリアの大学院で学んだ映画知識を英語の語録形式でまとめているものです。)

今回は映画制作スタッフの英語表記について。英語ではスタッフのことをCrewと呼び、Rollは役割のことです。日本語と英語では呼び名が同じものもありますが、少し認識が違うものがあるので注意が必要です。

認識が違うものといえば、スクリプター。日本語では記録係のことですが、英語でスクリプターと言うとスクリーンライター(脚本家)を指します。

主な役割を下にまとめます。国や現場、作品の規模によっても使う表現が違うこともあります。

----------

Director 監督
Producer プロデューサー
Assistant Director (AD) 助監督
Director of Photography (DoP) / Cinematographer 撮影
Camera operator カメラ
Camera Assistant (AC) 撮影助手

Sound Recordist 録音
Sound Assistant 録音助手
Gaffer 照明(電気系統担当)
Script Supervisor 記録

Art Director 美術監督
Costume Designer 衣装
Make up Artist メイク

Screenwriter (Script writer) 脚本家
Editor 編集
Project Manager プロジェクトマネージャー
Production Assistant プロダクションアシスタント

----------

2nd 以降の助監督は、日本語では監督助手として表記することも多いと思いますが、英語ではそのまま2nd / 3rd をつけてAssistant Director でクレジットされます。

また、撮影監督には Director of Photography (DoP) と Cinematographer の2つ表記がありますが、この使い分けは個人的な好みのような印象があります。以前、撮影監督をたくさん集めてインタビューをしたドキュメンタリーを観た際には、Cinematographerと名乗っていた何人かは「僕はDoPではない」と言っていたので、Cinematographerを名乗るこだわりがあるのかもしれません。

作っているものは同じなのに表記一つとっても違いがあり、国ごとそれぞれに伝統を積み重ねているんだと感じます。

映画が終わった後、いつもエンドロールまで観ないという方も、どんな役割が映画作りに必要なのか、たまには時間をとって最後まで見てみるのはいかがでしょうか。

----------

次回の映語録は、3/8(木)"That's a wrap!" です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
4

Tatsue KOBAYASHI

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。