組写真がおもしろい

ちょっと前から組写真というのを試している。もともと去年の終わりくらいに、好きな写真家の保井崇志さんが始めていて、それがすごく良かったので自分もやってみたいなあと思ってた。

実際に作った作品は↓みたいな感じ。

これは先日京都の先斗町から花見小路を散策したときの写真を組んだもの。1枚の写真を単体で見せるよりも、散策全体のイメージとか雰囲気をとても伝えやすい。

それに見ての通り、単体では大して面白みのない写真も、組写真に入れることで物語性の演出みたいなところで重要な役割を担えていることがわかる。特に左下の写真なんてそんな感じだ。

今までボツになってしまっていたような写真も、組写真になら使えるかもっていう新たな視点で写真を眺められるから、楽しみが増えてちょっと得した気分だ。

それと、組写真はインスタのストーリーとも相性がいい。ストーリーは1つにつき5秒くらいしか表示されないし、複数のストーリーを上げても後ろになるほど閲覧率は下がってしまうので、組写真1枚でドンっと自分の世界観を伝えられるのは効率がいいなと思う。この人のギャラリーを見てみたいなって気持ちが湧きやすいんじゃないか。知らんけど。

今後は一回の散策で組写真を1つか2つ作る感じで活用していきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

たつごみ

ただの写真好き
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。