見出し画像

奨励賞受賞の裏の話

「好きな人の殺し方」の 最初の型ができたのは、7年前。

他力本願な僕は、ファミレスで そばを食べながら、友達のK君に
「何か、漫画のネタ作って」と、友人に無茶ぶりをしました。
K君は「球体の形をした神様って、どうかな?」と無茶ぶり返しをしてきました。なんやねん、球体の神様って。

そこから、「好きな人の殺し方」ってネタを作りました。
球体の神様が出てきます。
初めて作った漫画でした。

初めて作って、一応、とある雑誌の最終候補に残ったりしました。

そこから2本作って(そのうちの一本で雑誌デビューを果たし)、早々にアイデアが枯渇した僕は、『好きな人の殺し方』を再び、作り直し、今回、講談社モーニングの新人賞 THE GATE で奨励賞をとりました。K君、ありがとう。お世話になります。こちらから読めます。↓




結局、7年間で原稿にしたのは、ネタとしては、3本のみ、、、。
「好きな人の殺し方」とゴリラ恋愛漫画「ゴリラブジェネレーション」、
「時をかけるおっさん」(小学館IKKIで「イキマン」って賞とった。)

表に出てないのは、「ゴリラブジェネレーション」のみだなー。
いつか、どこかで載せられたらな。
たまに、友達に「ゴリラのヤツが一番好きだった」って、たまに言われるし。そう言われて、「今の俺は、ダメなんだ」って落ち込んだりするし。



K君は、そののち、医者になりました。K君、ずっとかっこいい人です。
しびれます。


明日は、どっちだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

27

藏丸竜彦 as ULTRACLUTCH

漫画が好きす。爆笑問題PUNPEE好きすすす。https://twitter.com/tatsuhiroman

お知らせとか。

コメント2件

おめでとうございます!!THE GATEのサイトの総評も読みましたー。
どうもですー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。