見出し画像

『落園愛歌』冒頭サンプル

 紫炎(しえん)が、轟と吼えた。
 蛇のようにうねる火が向かう先には、青い体躯を持つ異形の生物。全身がてらてらした粘液に覆われ、四肢は長く、一打ちで岩を砕けそうな太い尻尾が揺れている。顔は人に近いが、髪は無く、ぞろりと牙がのぞく口は耳元まで裂け、その耳は長く尖っている。漆黒の眼球がぎらりと剣呑な光を帯びている。
『水の魔物』
 この楽園でそう呼ばれる異形の胸に、紫の火は容赦無く突き刺さったかと思うと、傷口から火柱を迸らせる。魔物は奇声をあげて胸をかきむしるが、己の爪がより傷を広げるだけで、炎が消える事は無い。むしろ勢いを増して魔物を滅ぼそうと、一層輝きを放つ。
「燃え落ちろ、忌まわしい魔物」
 十歩ほど離れた場所から、苦しむ魔物を見すえて低い声を解き放つ者がいた。
 歳の頃十七、八の少女だった。肩口までの銀色の髪を持ち、普通にしていたら愛らしい顔には険を満たして、瞳と同じ色の炎を目に映す。
 少女の宣告通り、魔物はあっという間に骨の髄まで焼き尽くされ、灰と化す。砕けた窓から吹き込む冷たい風に煽られ、その灰もすぐに吹き飛ばされて消えた。
 少女はしばしの間、魔物が存在した空間を睨みつけていたが、ふっとひとつ息を落とすと、背を向け、先程からずっと揺れ続けている白い建物内の廊下を走り出した。
 裾の長い白ローブがひらひらと舞う。唸るような音と共に、ひび割れた天井からばらばら石の欠片が落ちてきて、時折ローブに当たる。それでも少女が足を止める事は無い。
「……終わらせない」
 細めた紫の瞳に力を込めて、彼女は呟いた。
「絶対に貴女を守ってみせる、ニーア」

 それは、巫女ニーア・ヌルの言葉が始まりだった。

『楽園は落ちるだろう。未曾有の大災害によって』

 世界の中心の海に浮かぶこの楽園を創ったとされるリエント神の声を聞き、人々を導いて来た0(ヌル)の巫女が、大衆の前で堂々と背筋を伸ばして紡ぎ出した、果てしなく不吉な予言に、民は瞬く間に恐慌に陥った。
 数百年の楽園の歴史の中で、0の巫女の言葉が道を外した事は一度たりとて有りはしない。混乱は赤ワインを真っ白いテーブルクロスにこぼしてしまったかのごとく素早く広く伝播し、巫女の属する神殿の『管理者』達は、民衆の動揺を抑える事と、巫女に予言の撤回を求める事に苦心する羽目になった。
「私はリエントから聞こえる言葉を、そのまま貴方達に伝えるだけ。撤回も何も有り得ない」
 よく磨かれた木製の椅子に腰掛け、膝の上で手を重ね合わせて、管理者の連中に嫣然と微笑む、幼い娘の姿をした巫女の姿を、少女――セアラ・アインは彼らから少し離れた場所で直立不動のまま聞いていた。
 彼女の隣には、赤髪にはしばみ色の瞳をしたアカギ・ツヴァイが、後ろ手に組んで立っている。その表情は固い。というより、無表情で、何を考えているのかわからない。アカギという男はいつもこうだ。己の考えをほとんど表に出さず、己の心へ他人を立ち入らせなかった。

 神代、リエントに刃向かった悪神デーヴァ。それと同じ銀色の髪を持つからという理由だけで、顔も知らぬ実の親に神殿の前へ裸同然で置き去りにされたセアラを拾ったのは、ニーアだった。
 彼女は邪神と同じ色の赤子に、楽園の古語では『祝福されし子』という意味を持つセアラの名を与え、我が子のように可愛がって育てた。
 神殿で最高位に立つ0の巫女が、邪神の色を持つ娘を慈しむ事に、管理者は良い顔をしなかったが、誰も口出しを出来る立場ではない。神殿の奥、自然の光景を出来る限り取り入れた箱庭で暮らす、自由の少ない巫女の道楽として、目を瞑ったのである。
 アカギとはその頃からの付き合いだった。物心ついたセアラが見た少年は、まだセアラと三つ四つほどしか変わらない年齢だというのに、常に無感情、無感動で、セアラが鬼ごっこやかくれんぼに誘っても、
『おれは君の相手をするほど幼稚じゃあない』
 などと淡々と突っぱね、木陰に腰を下ろして、神殿の上層部を目指す十五歳以上の生徒が読むような指南書のページを繰っていた。
 彼が己を押し殺す理由は、セアラが十になって神殿所属の楽園守備隊を育成する教育課程を受け始めた時に知った。
 アカギの父は、1(アイン)から5(フュンフ)までの番号を持つ五人の最高位の『守護者』の中でも、一番の実力を持つ1の戦士だった。当然息子のアカギも、優秀な跡継ぎになるだろうと、周囲から過度とも言える期待を受けて育ってきたのである。
 守護者は常に冷静でなくてはならない。情に流され己を見失う事があってはならない。手にした刃を錆びさせてはならない。アカギの両親は、幼い頃からそう息子を突き放した結果、何物にも揺るがない代わりに、子供らしい感情を失った人形のような少年が一人、出来上がった。
『守護者の役目は楽園を守る事だ。一人の人間を守ろうとする君の衝動は、度し難い』
 恩人のニーアを傍で守りたくて守護者への道を選び取ったセアラに、アカギは相変わらず淡泊にそう告げ、見事セアラを激怒せしめた。その後も事あるごとに二人はぶつかり合って、意見の食い違いを見せた。
 そんな二人の仲裁に入ったのが、二人と同じチームを組まされた、ノーマ、カノン、ヴァンの三人だった。
「また君達は。アカギはセアラに冷たすぎるよ」
 アカギとは対照的に温厚で人当たりの良いノーマが、まず二人を窘める貧乏くじを引く事が多かった。
「あたしはどうでも良いけど、成績に影響が出るのは困る」
 セアラより年下の、八歳という幼さで守護者育成の道へと進んだカノンが、最年少に見合わぬ態度でぼそりと洩らせば。
「まあまあ、折角のチームなんだから、仲良くやろうさ、仲良く」
 守護者候補として大丈夫なのだろうかというほどに喜怒哀楽をころころ顔に出すヴァンが、からりと笑ってみせるのだった。
 1から5の守護者は数年に一度、全員いっぺんに交代が行われる。魔物との戦いや任務中の事故で誰かが命を落として欠員が出ても、補充される事は無い。それはチームとして成立した守護者同士の相性に重きが置かれているからであった。
 守護者になる人間は、異能をひとつ持つ。火、水、風、地、光。楽園を構成する五元素を操る力を生まれつき授かった守護者候補は、この五元素を等しく分する為にチームを組まされ、五人の相性が最も芳しく機能するチームが、次の守護者として選ばれる。
 セアラは紫の炎、アカギは緑の風刃、ノーマは青い水の長剣、カノンは白き光の矢、そしてヴァンは黒い槍を武器に、見習い守護者として訓練にいそしんだ。時に、五元素を割り振った他のチームと手合わせをしたり、時に、見習いとはいえ実戦での機能を見定める為に、魔物との戦闘に駆り出されたりした。その時、私生活でのぶつかり合いが嘘のように、セアラ達は驚くべき連携を見せた。

「セアラ、右だ!」
 水の剣を振るいながらノーマが叫べば、セアラはすっと身を低めて、自分めがけて振るわれた魔物の爪を容易くかわし、ぺろりと舌で唇を湿して宣言する。
「炎、我が敵を燃やし尽くせ」
 掲げた手から紫の火花が散り、その手を、右上から左下へすうっと下ろすにつられるかのように、炎が軌跡を描いて、俊敏な獣のごとく敵へと飛びかかる。普通の赤い炎より更に高熱の揺らめきは、確実に魔物を捉えて離さず、骨まで焼き払った。
 その隣でカノンは無言で次々と光の矢を生み出し、魔物に向けて射ち放っている。セアラのように着火すれば確実に命を奪うわけではなく、ノーマのように深く敵の心臓を貫けるわけでもない、短い鏃は、しかし複数の魔物の動きをその場に留めるには充分だ。
 四肢や胸に幾つも矢を食らって、呻きながらよろめく魔物に向けて、「ハッハー!」とヴァンが軽快に笑いを飛ばしながら、黒い槍を振り回して地面を蹴る。そのまま横回転に薙ぐ勢いで、矢傷を負った魔物達の胴を次々と払って、青い血をしぶかせた。
「何だい、軟弱なひよっこばっかり?」
 槍を肩に担ぎ、魔物の一体を踏み台に、ヴァンはからからと笑いを響かせる。が、その背後にするりと忍び寄る気配があった。
「ヴァン、迂闊!」
 セアラは声を張り上げて走り出していた。少年の完全な死角から近づいた魔物が、唾液の糸を引く口をにたりと笑みの形にして、鋭い爪を振り上げていたのである。
 二者の間に割って入ったセアラは、咄嗟にヴァンを突き飛ばし、「炎!」と短く宣誓した。突き出した右手から紫炎が飛び出し魔物を包み込んで、激しく燃え上がる。
 しかし今回は、炎が敵を焼き尽くすより、魔物が最後の抵抗を見せる方が速かった。火に包まれた爪は振り下ろされ、セアラの腕をかすめる。途端に、熱が走った。炎のせいだけではない。一文字に切り裂かれた傷口からさっと血が流れ出す。ヴァンが、ノーマが顔色を青くするのが視界に映る。
 だが、それで終わりではなかった。燃え落ちた魔物の背後に、更にもう一体がゆらりとたたずんでいる。それでもセアラは動かない。いや、動けない。傷口がじくじくと熱くうずき、視界がぼんやりしてくる。少しでも気を抜けば全身から力が失われて、その場にくずおれてしまいそうだ。魔物の爪や牙には、毒が含まれている。それに中れば、たとえ守護者候補でも耐え切れない。
 相手が動けない事を確信してだろうか。魔物はゆったりと歩み寄って来る。しかし、異形がセアラにそれ以上近づく事はかなわなかった。びたりと動きが止まり、くぐもった声をあげる。その胸からは、緑色の光が突き出していた。
「迂闊なのは君だ」
 魔物の背後から、呆れきった声が聞こえる。ぼうっとし始めた意識の中、声の主を見やれば、セアラの炎とはまた違う火色の髪が風になびいている。びょうと空気を切る音が耳を叩いたかと思うと、無数の刃に全身を切り刻まれた魔物は、青い血をごぶりと吐きながら崩れ落ち、動かなくなった。
 ノーマとヴァンが残る魔物を斬り捨てて、辺りに静寂が戻る。風の刃をおさめたアカギは、感情の読めないはしばみ色の瞳でセアラを見下ろしていたが、不意にこちらの傍らへ膝をつくと、セアラの細い腕を大きな手で掴み、赤く腫れ上がり始めた傷口に唇をつけた。
 何を、とセアラが驚きの声をあげるより早く、強く血を吸われる痛みに、セアラは顔をしかめる。カノンとノーマが目をみはり、ヴァンが口笛を吹く。アカギは仲間のそんな反応もお構い無しに、口内の血を吐き捨てると、再びセアラの傷に口をつけて、何度も血を吸っては吐き出した。
「これで大分毒は出ただろう」
 やがて彼はおもむろにセアラの腕から手を離し、腰を上げて背を向ける。
「後はニーアに手当てしてもらうんだ」
「……あ」「神殿に戻ろう」
 ありがとう、というセアラの感謝を、アカギは最後まで受け取らなかった。ゆるく結った背中までの赤髪を揺らして、すたすたと歩き出す。
「セアラ、大丈夫かい?」
 青の瞳に不安げな様相を呈して、ノーマがセアラの傍らに腰を下ろし、「つかまって」とこちらの腕を己の肩に回した。普段なら「大丈夫」と突っぱねるところだが、毒のせいか頭がくらくらする。今は素直に彼の厚意を受け取る事にして、頭一つ分高いノーマにもたれかかってゆっくりと立ち上がる。
 それから、ふっと前に視線を馳せる。アカギは振り返りもせずあっという間に先へと進んでいる。その背中を見つめながら、毒以外の理由で身体が火照っているのを、セアラは感じる。彼の唇が触れた傷口が、やけにうずいていた。


2019年5月6日(月祝)、第二十七回文学フリマ東京で新刊予定の異世界ダークファンタジー『落園愛歌』、冒頭10ページほどです。
表題作の他に、書き下ろし短編三本を収録しております。
ダークだけど! 終わりに救いは! あります!!(と言わないと皆さん「しんどい……」って折れてしまわれるような気が最近してきたので、そこは予告させてください……)
なお、表紙絵は、創作文芸に来て初めて、たつみ本人が自力で描きました。(くりまんじゃろはノーカンで)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

新しく何かをやる気が出るかもしれません。出るようにがんばります。

シズナ「ありがとう。これからも頑張るわ」
3

たつみ暁

アマチュアファンタジー小説書き。趣味でWeb連載したり、物理本を出したりしています。ハッピーエンド好きと言いながら、勢いよくなぎ倒してゆく事も。アイコンとヘッダーはkit様画です。年期だけは入ったサイトは→https://tatsumi-sloth.club/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。