30歳から40歳の過ごし方

多くの人が身をもって知る

【30歳になったときのイメージギャップ】


率直に言うと、成長感の無さ。

「それなりにがんばってきたつもりだけど、なんでだろう?」

とはみんな思うけど、そこで思考を止めてしまってはダメだ。


「あまり変わってないな、笑」

「このまま変わらず40歳になるのかなー」

などという【ま、いっか】感は、この先の人生をハイリスクなものにしてしまう。

そんなんじゃダメだ。


そもそもなぜそうなったかは、【こういう30歳になる】というイメージが出来ていなかったからだ。

成人のとき、卒業のとき、就職のとき、友人が結婚したとき、色んなタイミングで自身の目標を立てる機会があったにもかかわらず、それを軽んじてスルーしてしまった。

そのようなタイミングで、30歳になったときには年収いくら稼げるようになっているとか、こんな風に働いているとか、隣にはどんな人がいるとか、家に帰ったらこういう風景があってこういう匂いがするとか、具体的なカラーイメージを持つことが出来ていたならば、もう少し成長感のある30歳を迎えていたことと思う。

なんとなく目標のないまま20代を過ごしてしまった。

そして、成長感のないまま30歳になった。

で、30代をどう過ごすか。

で、30代をどう過ごすか。(2回目)

めちゃくちゃ大事。(大事なことなので2回)


40歳になったときの自分をイメージしよう。

出来るだけ具体的に、カラーで、動画で。


肝心なのは2つ。

①目標を出来るだけ具体的にイメージすること。

②未来志向で生きること。


①は上述のとおり。

今感情が動いてしまうぐらいの具体的な目標=「実現したい未来」をイメージ出来れば十分だ。

②は、陥りやすい罠(※)の対策として。

※若く在り続けたいという願望は、過去志向になりやすい。


40歳になっても若々しく在りたいと思うのは悪いことではないが、歳を取りたくないと考えるあまりいつまで経っても20代や30代にありがちな経験ばかり選択し続けてしまうと、40歳になったときにまた【こんなはずでは…】ということになってしまう。

それよりもこの先10年で、30代ばかりか40代50代で経験するようなことを前倒しして選択していけたら、40歳になったときにはきっと年相応以上の人間に成長しているはずだ。

これらの経験というのは一般的なライフステージという切り口でもあり、コミュニケーションやポジショニングの経験でもあり、日々の振る舞いや言動でもある。

若々しく在りたいからといって、35歳、36歳になっても20代さながら「やべー」「まじっすか」「うける」なんて言っていたらどうだろう?

ろくな40歳には…と思うはずだ。


そうならないために、こういう40歳になりたいと思ったら今から40歳、50歳、60歳を先回りしよう。

その方が、思っていた以上に成長した40歳を迎えられるはずだ。


人生の先輩を見て学び、人生を先取りする。

先輩と同じ年代に達したときに、先輩を超えていよう。

それが自分の成長であり、先輩への感謝であり、人類の進化だ。


未来志向で、イメージした目標をさらに超えて成長する。

こういう人生を送るためにとても大事なのが【30歳から40歳の過ごし方】です。

何も分からなかった20代を過ぎて、老いが顕著になり始める40代を迎える前の30代。

ここを大事に生きましょう。

********************

と言っている私の30代は、36歳からスタートしました。

36歳のときに社外の学習環境を得て、38歳で初めての転職をしました。

今は、残りの2年で30代をしっかり過ごそうと必死です。(36歳からの4年間で10年分の成長をするイメージ)

20代の人や30代前半の人は、今のうちから40歳になったときの具体的目標と30代の過ごし方を考えてもらった方がいいです。

30代後半の人も、どうせあきらめるなら今からでもがんばった方が人生のリスクを減らせる可能性があります。

一緒にがんばりましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

たつのり

【大切なもの】 感謝、感動、成長、未来志向、勇気づけ。 【仕事】 営業経理を12年余り経験。 2019年8月に転職し、コンサル駆け出し。 【特技、趣味】 和太鼓、野球、ギター、山本彩(SYC)、カープ。 グロービスで学んだことが転機となり、第2のステージへチャレンジ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。