売りつけたくない君へ(2)/アポが全然取れないんです。

 カラオケで絶叫してから1か月後。ミュージカルを見てから1ヶ月半後。土曜日の昼。新宿。

 またしても、待ち合わせに彼女は遅れてきた。

 紀伊國屋書店の前で待ち合わせたのだが、時間になっても彼女は現れない。アイフォンを見ると、LINEのメッセージ通知が表示されていた。見ると、「ちょっと遅れます。」とある。そして、クマが謝っているスタンプが送られてきた。普段も遅刻しているのだろうか?いや、さすがにそれはないよな・・・。ないと思いつつも、少し不安になってきた。時間を守れない営業マンはやっぱり厳しいかもしれない・・・。

「こーんにーちわー。ごめんなさい。ちょっと道が混んでて。」

 私の不安をよそに、彼女は相変わらず陽気だ。マイペース過ぎて怖い・・・。少しは相手に合わせることを学んでいるかと期待したが、そんなに都合よくはいかないか・・・。

「いいよ。別に。飯でも食う?」

「あ、わたし、タイ料理が食べたいんです。サブナードに行きましょう。美味しいタイ料理があるんです。」

 サブナードに来たのは学生の時以来だろうか・・・。西武線方面につながる妙に明るい地下街。女子向けの服屋さんや靴屋さんに下着屋さん、カフェなどが並んでいる。

 少し怪しげな表情の仏像が店頭にあるタイ料理店に到着。彼女は店内に入ると、あっさりと上座に座り、「ここ、美味しいんですよ。」と微笑んだ。

 彼女がトムヤンクン2,3人前とサラダ2人前を頼んだ。

「シェアしましょう。美味しいんです。これ」

 俺のメニューまで自動的に決められている。なんという強引さだ。しかも支払いはどう考えても俺だ・・・。俺が新入社員の頃は目上の人よりも先に注文してはいけなかったもんだが、今時は違うんだろうか?営業で、そういう指導は受けたりしないのかな・・・。リードしていると言えばしているんだけど・・・。

「で、どうなの?」

「え、何がですか?」

「君の営業成績。」

 単刀直入に聞いたからか、彼女の顔から笑顔が普通に消えた。というか、この大げさな反応は何なのだろう。いつもそのための打ち合わせをしているのだろうに・・・。言いたくないことは忘れたふりというやつだろうか・・・。

「アポが・・・、あんまり取れないです。」

「アポが取れないんだ。」

「はい。この前、先生とお話してから、会社に行くことや、商談をすることは、すごく気が楽になったんですが、アポがあんまり取れなくて、困ってます。」

「そう。気が楽になったのは良かったじゃない。営業は必要とされるものを売っている限りは悪いことをしているわけじゃない。お客さんの役に立とうとする素晴らしい仕事だ。そこに気づいたってことだね。」

 言いながら、ひとまずほっとした。売れないことが自分のダメさの証明で、自分の能力の無さを認めてしまうことが怖いという反応もあり得る。悪いことをしようとしているわけではないという方向で気が楽になってくれてよかった。

「ですよね。そうですよね。私もそう思って、やる気がすごく出てきたんですが、なかなかアポが取れなくて困っているんです。これも、心構えの問題ですかね?」

「うーん。場合によるかな。で、取れないってどれぐらい取れないの?」

「1日1件取れればいいほうなんですよね。他の人は何件か取れているんですけど。私だけ商談が少なくて、ちょっとお荷物な感じなんですよね。」

この続きをみるには

この続き:8,841文字

売りつけたくない君へ(2)/アポが全然取れないんです。

tatsuo_ito

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

tatsuo_ito

売りつけたくない君へ

B2Bセールスを題材にして、一般的な対面営業のための考え方、技術について解説しております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。