kokageポリシー

ホーム>kokageポリシー



《コミュニティ》
《ホームスクーラー》
《ともだち》

 3つのテーマでつづられたこのページは、ホームスクールをはじめていくなかで、【どことどのようなつながりがあれば、安心と安全が確保されていくのか】の根っこを書いています。

《コミュニティ》

  学校に行かない暮らしをはじめる親子は様々な情報とサポートを必要としています。いきあたった情報が利用できないものとなると、再びイチから探し始めなければなりません。
 【横のつながり】は、親子のセーフティネットとなりえます。
 社会教育活動、市民活動、施設公開、福祉サポート、学生、各種専門家のみなさんとのネットワークがつながっていくことを希望しています。​

 家庭で過ごす子もその親も社会の一成員です。地域のあらゆる教育や学びの環境資源が提供され、活用できる社会を目指すことができます。

 
《ホームスクーラー》

 ホームスクール中もしくはホームスクールを考えている家庭のみなさま。こどもたちも。あなたの声が必要です。インターネットでは国内・海外とつながることができます。
 知恵と工夫をまなびあえる場に、励ましと勇気をもらえる場に、それから新しい社会を創る場に。どこにいても仲間の存在が心の支えになることを、わたしたちは知っています。

 ホームスクーラーであるゆえにぶつかるコアな課題が少なからずあります。それらを解決していく情報共有の機会を持つことは、孤独感を癒し、励ましと勇気を与えてくれます。「つながらなければ」と焦らなくてもいいです。発信する人と受け取る人が、それぞれ点在していることが始まりです。それは2点に相互作用がなくてもよく、バトンを受け取って、また次へ渡していくような、そんな大きな流れのちいさくも重要な一手になれば、つながりはずっと遠く、あなたが見えないところまでも続いていきます。
 受け取り、渡していく。ただ、それだけで連なりに加わります。

  
 
《ともだち》

ホームスクールのこどもたちは、街のすべてがまなび場であり、町に住むすべての人々との出会いがまなびの機会です。ホームスクールをする予定はないけれど、ホームスクーラーではないけれど、こどもたちのまなぶ権利を応援したい。一緒に まなびを共有したい。
 共感する方も、まだよくわからないなと思われる方も、こどもたちの居心地のよい町が拡がる一助に加わりませんか。子育てを共にできる友人になってほしいと思います。


 求めているのは支援者ではなく、協力者です。遠くのホームスクールつながりにこだわってしまうと、地域で孤立する可能性は高いのです。「なにをしているのかわからない」と感じてしまうことが、多くの人にとって「どのように関わればいいのか、どうしていいのかわからない」に通じています。それは地域の人や学校にとっても不安につながります。
 誰だって「初めまして」は緊張するものだけど、「思っていたよりいい人だった!」の出会いをごく身近に近所に、可能なかぎりこども自身が歩いて行ける範囲に増やしていってください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お茶をいただきながら書いています。一杯で書けることもあれば、数杯になることも。  サポートはそんな活力資源を支えてくれます! いつもありがとうございます。

ありがとう!うれしい一日になりました。
7

kokage

4人のこどもたちとホームスクール暮らしをしているお母さんです。アンスクーリング暮らし11年。ホームスクールってなんだろう?の疑問にお応えしたく、理解を深めるための情報収集・整理・分析・解説のホームページを個人で作成更新中。ーホームスクーリング・センターkokage

ホームスクール・センターkokage サイトマップ編

ホームスクーリング・センターkokage ホームページの各ページ案内noteマガジン。〔⇒ホームページ訪問⇒解説コラムnote〕の歩き方がおすすめ。ホームページってブックマークしたきりでなかなか訪問する機会が無いですよね。訪問のきっかけ作りにどうぞ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。