婚約破棄になったぼくが恋愛工学をはじめた理由


「うん、またね。連絡ちょうだい。」

彼女はそう言ってタクシーに乗り込んだ。

早朝4時の新宿。まだ辺りは薄暗い。

ぼくは寒さに身を縮め、コートのポケットに手を突っ込んだ。


―――今日は上手くいった。


彼女の塩対応っぷりには辟易したが、ミラーリングとバックトラック、

そしてイエスセットのおかげでCフェーズは乗り越えた。

共通の話題から話も広げられたし、初めて聞くネタでも知識を総動員させて盛り上げられた。


「ぼくはどうやら、Cフェーズは得意なんだな。」

手応えを感じ、ひとりごちる。すれ違ったおっさんが怪訝な顔でぼくを見たが、そんなことはどうでもいい程気分が高揚していた。


大の苦手だったSフェーズも、驚くほど決まった。

終電がなくなったぼくと違い、赤髪の彼女は新宿から2駅。どこかに泊まる必然性なんてどこにもなかった。


「俺、一人じゃ寝られない性格でさ。あとホテルって一人じゃ入れないし。」

「もしかして変なこと考えてない?お前相手に、そんな事する訳ないじゃん。」

「あー、眠い。早くベットで横になりたい。」



でもそんな必然性は、こんな適当なセリフでいとも簡単に崩れた。いや、セリフというよりはマインドセットか。

やっぱり、アルファ感って大事だ。

典型的なベータ人間のぼくにとって、アルファに振舞えたのは大きな収穫だった。


そこから先は、本当にメルマガの通りだった。

道端ではイヤイヤ言っていたのに、部屋の中に入った途端、僕たちはお互いを求めあった。

その子なんて彼氏がいるにも関わらず、だ。


「ホントにすげぇな、恋愛工学って。」

ようやく来た始発に乗り込みながら、ぼくはそんな事を思った。

座席に浅く腰掛ける。柔らかい感触。疲れた腰にはちょうど良い硬さだった。

背もたれに身を任せながら、ついさっきまでの出来事に浸っていると、心地よい眠気に襲われてきた。




そして、いつものように、ぼくが決して忘れられない事を、思い出す。


思い出して、しまう。



――――――もう、私たち、別れた方が、いいと思うの。


――――――あなたが、好きだって、言うから、髪の毛……長く、していたのに。


――――――本当は、別れたくなんか、ない。





――――――じゃあ、ね。また………ね。





この続きをみるには

この続き:1,429文字

婚約破棄になったぼくが恋愛工学をはじめた理由

Tawiga

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

平成も今年で終わりですねー……何か物悲しいです
1

Tawiga

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。