くろいわにとみどりのわに

「きみ、どっからきたんだい?」

ティモール島のくろいわにがたずねました。

すると、みどりのわにはこたえました。

「にんげんのくうそうさ」

海岸沿いに生えたマングローブの茂みの縁を、わたしとアルマはなぞるように歩いていた。近くのアルマの家には何度も遊びに来ているのに、ここまで来るのは、はじめてだ。

「ワニ…おるんちゃう?」

わたしはすこし心配になって、アルマにたずねた。

ティモール島の海岸付近には、イリエワニという海をも渡るワニがいるのだ。まれに人を襲うこともある。

「もっとあっち、いつもワニがいるのは。でも、ワニに悪いことしてなかったら大丈夫」

と、アルマは言う。ティモール島において、ワニは特別な存在で、神聖視されている。そもそも、ティモール島自体が大きなワニが島になったもの、と信じられているのだ。

「この辺にもでたことあるんやんね。どんな色なん?」とわたし。

「でたことあるよ!見た人もいる。色は黒くて、それから…」

と、少し興奮気味にアルマが続ける。

「えっ、黒?」

ほんの一瞬、まるで手品のカードが消えた時のように、うろたえる。

「みどり、ってこたえるとおもったかい?」

気づくと、みどりのわにが、わたしに話しかけてきた。わたしは、さっきまで歩いていた岸側のマングローブの縁ではなく、海側の縁にいて、体の半分が海に浸かっていた。アルマの姿はない。

「にんげんはさ、だれかがつくったイメージにとらわれて、ほんとうのことがみえにくいのさ」

「じゃあ、本当のワニは黒?」

「さあ、どうだかね。よくじぶんでみてごらんよ」

そう言いながら、みどりのわには尻尾を揺らし、こちらに波紋をやりながら、海の向こうに泳いでいってしまった。その波紋の進行方向に目をこらすと、海面に突き出た岩場があって、くろいわにがこちらを見ていた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Tayu

インドネシア在住もうすぐ二桁(アチェ/ランプン/ジャカルタ/ティモール/スラウェシ)。沖縄生まれの兵庫育ち。TEXT AND PHOTOGRAPHY ARE COPYRIGHT © TAYUKO MATSUMURA
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。