茗印と表記するのはわかりにくい → ×

地下鉄丸ノ内線のホーム内にある時刻表ですが、凡例に無印、茗印、後印、三印、終印、🔴印とあります。無印はやむをえないのですが、凡例のところに茗印とか三印と表記されているのが、かえってわかりにくいのではないかと思いました。

表内の時刻のすぐ隣に書くのはスペースの関係で駅名を一文字に省略した茗(茗荷谷)、後(後楽園)、三(新宿三丁目)であるのは違和感もないし、妥当だと思いますが、凡例の箇所が問題です。

個人的にはナントカ印の「印」は書かないほうが、余計な誤解をすることがなく、意味が伝わりやすいと考えますが、いかがでしょうか。


※本記事は筆者ブログからの転載です。
Originally published at ktazuke.goat.me on Feb 9, 2017

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

世界中にある使いにくいユーザーインターフェースの改善・研究のために、ご支援をお願いします。

ありがとうございます。励みになります!
2

Culture Centered Design

街で見かける使いやすいもの使いにくいものを○×で評価しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。