現在地がわかりにくい → ×

池袋にある某展示会場のエスカレーター付近に表示されている案内図です。

AからDまでの展示室やカンファレンスルームへの移動のために、上下関係は矢印で示されているのですが、自分がいる現在地がどこかわかりにくいと感じました。「ここは2Fです」と書いてありますが、目に入りにくく体感としてしっくりきません。

BやCの展示室の文字サイズに比べて4F, 3Fなどの階数表示の文字サイズが小さすぎるのも問題です。Dの紺地に対して黒の2Fの配色もコントラストが悪く、案内サインとしては非常に見づらいです。

またAとBは4Fにあるのですが、Aはこの建物の4Fから渡り廊下を歩いて別の棟に移動する必要があります。そのためにAだけ「連絡口」と記載されていますが、ここでは階の上下だけに着目して、4Fと表示したほうが望ましいと考えます。

連絡口から別の棟に移動することは、エスカレーターで4Fに上がればそこで一目瞭然にわかるからです。


※本記事は筆者ブログからの転載です。
Originally published at ktazuke.goat.me on Feb 6, 2016

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

世界中にある使いにくいユーザーインターフェースの改善・研究のために、ご支援をお願いします。

ありがとうございます。励みになります!
2

Culture Centered Design

街で見かける使いやすいもの使いにくいものを○×で評価しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。