見出し画像

18歳の青空のムコウ 世界の戦争と平和

人事の小山です。

新宿御苑のベンチに座って、
真夏の青空を見ていると、
大学1年生、18歳の頃を思い出します。

山の上にある大学のキャンパスで、
サークルボックスの前のベンチに仰向けに寝そべって
澄み切った青い空しか見えていなかった日々。

18歳の頃に、何を考えていたのか?

「あの頃、空を見上げて、何を思っていたのか。」

私が大学に入学したのは、2003年

「イラク戦争が起こった」
まさにそんな時代でした。


「青空の向こう側のセカイには、戦争がある。
青空の向こう側のセカイには、知らないことがある。

青空の向こう側のセカイに、私は何ができるのか?

青空というセカイの中で、雲は動いているのに、
私はどう動くのか?

メディアが伝えない青空の向こう側のセカイの人は、
何を思っているのだろうか?

ただ、ひたすら、青い空の向こう側のことを
考えていました。

それが、学生会議に参加して、
現地の学生とディスカッションすることに
つながったのだと思います。

高校時代のセンセーショナルな出来事

2001年9月11日

アメリカ同時多発テロ。

私は、高校生でした。

飛行機が、アメリカの巨大なビルに突撃した。

TVのニュースで、
何度も、飛行機が巨大なビルに
ぶつかる瞬間の映像が流されていた。

アクション映画のような光景が
現実になっていることが
衝撃的すぎて、
自分の中でうまく呑み込めない日々でした。

10歳の時に、テレビでみた
「地下鉄サリン事件」や
「阪神淡路大震災」も、
衝撃的であったが、はるかにそれを
上回る出来事でした。

そして、アメリカ等と
イスラム過激派のテロリズムに対する
「テロとの戦い」がはじまっていきました。

戦争や紛争というのは、1990年代で終わったような気がしていました。

自分が生きている
同時代で、
テレビを通じて、

戦争が中継されている。

まるで、The Blue Heartsの『青空』の
歌詞のような世界が広がっていました。

18歳、それは、青空を見て、
青空の向こう側のセカイに対して、

自分に何ができるのか

ただ、それだけを考えたのが、
18歳でした。

18歳の頃、何を考えていましたか?

18歳の頃、ずっと考えていたことは、
大人になっても
消えてしまわぬものなのでしょう。

関連記事 苦しかったときの話をしようか


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

インド、フィリピン、マレーシア、トルコ、インドネシア、ベトナム、バミャンマーで働く11名の喜怒哀楽の物語。 【新卒海外研修】(連載中) http://www.kuno-cpa.co.jp/recruit/shinsotsu-kaigai/

オークン!
28

新卒海外研修生 | 東京コンサルティングファーム(TCF)

世界27カ国44拠点の経営コンサルティングファーム(東京コンサルティングファーム)にて、入社1年目で海外で働くストーリーを連載。 新卒から海外で働くなら東京コンサルティングファーム ⇒ www.kuno-cpa.co.jp/recruit/shinsotsu-kaigai

人事の舞台ウラ

ヒトと社会に感動を与える人事の活動

コメント4件

若いころに受けた印象は、良くも悪くも残りますね。

NYの同時テロは、今でもTVでの映像が頭に残っています。
これは、現実なのか......と。
しかも、ちょうど知り合いが双子ビルの近くのホットドック屋にいたらしく
外出たら、わけが分からなかった......と語っていました。
私以上に強烈だったと思います。
若い時の衝撃が今後の人生の原点なのだと思います。
学生時代、書くことへの評価は高かった気がします。それが現在の仕事につながったと思いますが、仕事を始めてみるとコピーライターは修正指示はされても褒められることはあまりありません。そう言えば、昨日取材した関西某大手企業のエンジニアの方は「日本の会社はあまり褒めない」ということを言われていましたが。

この度はフォローありがとうございます。
シゴトになってしまうと、できることが当たり前になってしまうので、褒められることは減っていくというのは、たしかにそのとおりだなと、実感します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。