4ヶ月間のコミュニティ運営でたまったノウハウまとめ7個

チャーリーです。

今回は、図解をチームで行うビジネスモデル図解制作委員会のコミュニティ運営について、立ち上げてからの4ヶ月でわかったこと・試行錯誤したことを、この記事にまとめました。コミュニティ運営に興味のある方はぜひご覧ください。

そもそもビジネスモデル図解制作委員会って何?

ビジネスモデル図解制作委員会は、2017年12月に設立した、ビジネスモデルを図解するための有志組織です。ここから図解混じりで説明していきます。

8割以上の参加者は、僕も元々知らない人でした。twitterやfacebookなどのSNSを通じて集まったメンバーです。

いつもこんな感じで隔週の会議をしてます。

具体的な社名はもちろん控えますが、え、こんな人まで参加するの、と思うようなメンバーが参加してくれています。新しくメンバーが入った時に、他の参加者を知ると驚く人も。この記事では、なぜ、これだけのジャンルのちがう多様なメンバーが集まり、協働できているのかについてなるべく言語化したいと思います。

これは現状のスケジュールです。隔週の会議ごとに、図解をどんどん公開していく、というスケジュールになっています。徐々にペースがあがり、2週間で15個くらいのビジネスモデル図解をつくるくらいのペースになることを想定してます(ここで書かれているチームについては後ほど詳細に説明します)。

はじめは自分ひとりで図解をしてたのに、こうして仲間が集まって、いまはメンバーが積極的に図解をして、それをレビューするという役回りに自分自身の立ち位置も変化してきています。

どうしたらこういうコミュニティをつくれるのか?

委員会をはじめてから、そう周りに聞かれることが多くなりました。元々は、ビジネスモデルを図解するためにつくったコミュニティですが、ここで得たノウハウは、他のコミュニティ運営で悩まれている方や運営そのものに興味のある方に、もしかしたら役立つかもしれない、と思い始めました。

ただ、図解そのものと少し離れたトピックであり、まとめるとしたらプロ向けになることと、まとめるのもそれなりに労力のかかることなので、これまで有料の記事にチャレンジしたことがなかったのも相まって、有料でも読みたいというくらいの強いニーズがあるなら、書いてみようと思い立ったのでした。

そこで、ツイッターでアンケートをとってみました。

この記事のニーズと価格をきめるアンケート

アンケートについてまとめたのが以下の画像4枚。

316件の回答をいただいたアンケートの結果、有料でも見たいと答えてくれた方が66%(209人程度)いたので、今回の記事は、有料でも見たいと答えてくれた約200人の方のために、書きました。かなりざっくりですが図にある通りの計算で、価格を700円にしています。

本編に入る前の確認事項

ということで前置きが長くなっちゃいましたが、最後の前置きです。以下をご確認の上、次へお進みください。

※ 記事の最後には、本記事の画像をまとめたPDF資料のダウンロードもあります

ここから本編!

本編は以下の構成でまとめています。

0. 活気づくコミュニティに必要な条件とは?
1. なぜ3回も説明会を開いたのか?
2. なぜ参加スタイルを3つに決めたのか?
3. チーム編成をどうすべきか?
4. どんなワークフローを導入すべきか?
5. なぜアウトプットの「型」が重要なのか?
6. なぜアウトプットを公開するのか?

0. 活気づくコミュニティに必要な条件とは?

振り返って考えてみると、以下の3つに分けて考えていることがわかりました。導入、定着、成果の3つのプロセスです。これら3つの質を上げることが、コミュニティを活性化すると考えました。

ということで、導入、定着、成果の3つの観点でそれぞれ具体的に行ったことをこれ以下にまとめました。どのようにコミュニティ運営をしているのかを言語化していきたいと思います。

この続きをみるには

この続き:4,912文字/画像20枚

4ヶ月間のコミュニティ運営でたまったノウハウまとめ7個

チャーリー

700円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。有志の約50名でビジネスの図解を行うコミュニティ「ビジネス図解研究所」として活動しているため、サポートをいただいたらその活動資金に使わせていただきます。

・:*。・:*三( o•ᴗ•)o
317

チャーリー

ビジネスモデル図解シリーズ

24つのマガジンに含まれています

コメント11件

最後に2の質問についてですが、これもおおよそご認識の通りで、ワークフロー上でマスターボードに僕の名前が書いていますが、これはあくまで誰が主担当である(最終的に誰が責任を負っているか、ということに近いです)、ということを示しているだけで、実際には他のメンバーもマスターのボードに事例をあげてくれたりします。ただ、最終的に優先度を付けるのはチャーリーが行う、ということになっています(ちなみに、これはスクラムでいうプロダクトオーナーという役割に近いイメージで運用しています。)

以上です!他にも何かわからないことがあれば、いつでもご質問ください。
なるほど。めちゃくちゃわかりやすい説明ありがとうございます!
よかったです!ありがとうございました。
今更ながらこの記事を知り、読んで感動を覚えました。たくさんのメンバーと委員会を運営することによって、チャーリーさん自身のバリューが発揮されている状況のように見受けられました。こんな質問をさせていただいて良いのかどうか、ですが、メンバーは完全なる有志であり、ボランティアですよね?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。