ビジネスモデル2.0図鑑の感想をnoteで募集してみた

チャーリーです。

9月29日に「ビジネスモデル2.0図鑑」が発売されました(\発売2日で重版かかった/)。もともと9月12日の書籍の予約開始とともに発売前全文公開した「ビジネスモデル2.0図鑑 #全文公開チャレンジ」の10万文字を超える長文記事を読破した猛者がたくさんあらわれたこともあり、note上で「感想募集」をしました。その結果を公開します。

追記:もともと、発売前の感想募集だったけど、発売後も延長することに!最後に、感想募集の詳細が書かれているので、もしnoteで感想書きたい方は最後まで読んでいただけるとうれしいです。

集まった感想note

発売日までで、6つ+αの感想noteが集まりました。ありがとうございます!!そして、1つだけ好きな事例を書いてもらうというルールだったので、選ばれた事例をまず紹介したいと思います。

2票
Humanium:違法な銃がおしゃれな時計や自転車に変わる(p.212)

1票
獺祭:データとIT活用で実現した「素人による酒づくり」(p.184)
LifeStraw:安全な水が飲めるストロー型の浄水器(p.234)
EVERLANE:「原価」を公表するファッションブランド(p.76)
Unipos:働く仲間同士が成果給を送り合う仕組み(p.128)

6つの中でも同じ事例がありますね。もっと感想の数が集まってくると、ちょっとした傾向が見えてくるかもしれません。

以下、感想記事です。好きな事例と、好きな理由を書いている箇所を一部抜粋させていただきました。みんなすごく丁寧に書いてくれてありがとう。

好きな事例:Humanium
以下引用↓

わたしのお気に入り事例はこれ
・音の響きがかわいい♡
・持続して且つ世界的に広がっている
・ヒューマニウムの時計や自転車が欲しい
違法な武器(銃)を没収して、命を救うと言った慈善的な活動でありつつもそこから資材を得て、商品に変えていくといった割と単純な流れがありビジネスとしての骨格がしっかりしている。もし、自分がここで働くことを想定したときにワクワクしたってのも理由。身体改造愛好家向けのボディーピアスやボディーサスペンション用の器具を作りたい。(もうすでに存在してそう)

好きな事例:獺祭
以下引用↓

何が好きかって、このブランドである「獺祭」を中心に
伝統的な日本酒作りとIT活用といった最新技術でより一層のSAKEブームを発生させることが出来たと思います。
しかも、『職人技』に頼らず社内で完結出来るようにして一層のスピード化を図って居るように思います。
日本伝統と最新技術で盛り上げを行って居ることが、ずっしりと重く理解できるようになったので、一番好きです。

好きな事例:Humanium
以下引用↓

この事業が好きな理由は「世界平和に繋がるビジネス」だと思ったからです。本当です。

好きな事例:LifeStraw
以下引用↓

LifeStrawが好きというか、一番印象に残っています。
その理由は、今まで社会性が高かったにも関わらず、収益性(経済合理性)がないために継続できなかった事業がビジネスモデルの工夫によってマネタイズが可能になり、事業を継続できている点です。

好きな事例:EVERLANE
以下引用↓

消費者の不信感をなくし、かつ劣悪環境における生産をなくす。
これからのアパレルブランド感がすごいです。
自分も最近、「服にそんなにお金かけたくないなぁ。」って思うことがたくさんあり、「着やすくて長持ちすればなんでもいいなぁ。」という価値観で服を選ぶことが多いので、このブランドはそのような人にとっても非常に良いのではないでしょうか。

好きな事例:Unipos
以下引用↓

誰かを「やりたい!」気持ちにできているか?そこを大事にしたいと思って選ぶ好きな事例は「040 Unipos」さん
「やりたい!」気持ちになるシンプルな方法は人に感謝されること。じゃあ、感謝する人に「感謝したい!」気持ちを持ってもらうためには?まさにインセンティブを生むための仕組みがビジネス化されていて感心しました。

・・・

感想記事は以上です。noteでの超超長文、よみづらい箇所もあったと思いますが、読んでくれてほんとうにうれしいです。

また、感想記事ではないですが、テレビドラマにもなった漫画「大東京トイボックス」の作者の方が、ビジネスモデル2.0図鑑を読んで、実際に図解をしてくれました。すごい!

(上記の記事から引用)

こうして、いろいろなところでビジネスモデル図解をためしてもらえるとうれしいですね。

あとこの感想募集企画のフォーマットには沿ってないですが、ビジモ図鑑の序章部分についての考察をまとめてくれている記事を発見。ありがとうございます!

・・・

そしてここからは、noteの記事ではないけど、感想やコメントのあるツイートをまとめてみました(数がおおすぎて全部はまとめられなかった)。



また、感想があつまったら、この記事に追加していきたいと思います。まだまだ感想募集してるので、実際に読んでいただいて、思うところがあれば、以下のルールに沿ってあげていただければ絶対みます!

#ビジモ図鑑感想 のルール

1. ビジネスモデル2.0図鑑を読んだ感想をnoteに投稿する
2. 投稿するときのハッシュタグと記事タイトルに #ビジモ図鑑感想 を入れる
3. 100の事例のなかから特にすきな事例を1つ選び、なぜ好きか?を書く

以上3つです。このルールを守って感想を書いてくれたら、この記事にすべてまとめます。文字数は問いませんが、あまりに短かったり、内容があれな感じだとまとめに入れないこともあるかもしれません。

3は、1つ選ぶのが難しかったら複数でもいいです(ただしまとめには1つしか載せないので、優先度1番はわかるようにしておいてください)。どうまとめるかはまだ考えてませんが、3があった方がわかりやすくみんなの好きなポイントが知れておもしろいかなと思いました。

noteの記事をツイッターに投稿してくれたりすると、補足しやすいので、たすかります。もちろんnoteの投稿だけ、でも大丈夫です。

全文公開チャレンジの記事も念のためはっておきます。

最後に、Amazonのリンクを貼っておきます。もしまだ買っていない方がいたら、ぜひ。この記事がすこしでもあと押しになっていたらうれしいです。

(Amazonのランキングでは、カテゴリー1位、和書総合で5位、新着で3位までいくことができました)

以上です。

#ビジモ図鑑感想 



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。有志の約50名でビジネスの図解を行うコミュニティ「ビジネス図解研究所」として活動しているため、サポートをいただいたらその活動資金に使わせていただきます。

・:*。・:*三( o•ᴗ•)o
61

チャーリー

ビジネスモデル図解シリーズ

8つのマガジンに含まれています

コメント1件

書くぞ〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。