#note酒場 の振り返りとお力添えについて

もう1週間ほど経っていますが,12月8日に行われた #note酒場 でいくつか抹茶メニューを提供させていただきました。

電子レンジのないカウンターでの抹茶ラテは,温度を保つことがはちゃめちゃに難しく,ご注文いただいた方には本当に申し訳ない限りです。

しかし今頃思いついたのですが,お湯で点てた熱い抹茶にホワイトチョコを溶かせばよかったなと思っています。そしたら,牛乳の泡を足すよりも温度は下がらなかったはずです。

イメージとしては,スプーンの先にチョコが付いているものですね。下の記事にあるような,スプーン1さじ分だったらちょうど良さそうです。

↓あとは下の記事のように,削ったホワイトチョコが一番混ざりやすそうですね。(ただし以下のレシピは牛乳を温めているので,今回のような牛乳を温められない環境では難しいです。抹茶とお湯だけですと,抹茶の量と溶かすチョコに工夫が必要そうですね。)

バーテンダー側としては,そんな反省ばかりのnote酒場でした。出直させていただけるなら,出直してきます...。

note酒場の裏話について

実は,抹茶ラテと抹茶ビール以外にも,混ぜ物のない通常の抹茶もメニューにありました。
通常の抹茶を頼んでくださった方には,より質のいい抹茶でご提供したいという想いがあり,予算とは別でひっそり用意していた抹茶がありました。

しかし抹茶ラテを予想以上にご注文いただいたため,予算で用意していた抹茶を早々に使い切る事態に。ひっそり用意していた抹茶を,抹茶ラテや抹茶ビールでも発動させました。

↑こちらが気を遣っていただいてしまうほど,ドリンクカウンターは行列になっていました...!

通常は,振る舞う量と予算に合わせて,抹茶の質を調整しています。売れ行きの分からない中で大容量の抹茶を買うのは,かなり勇気が要りますが...。
これは,売れ行きを予想できていなかった私の落ち度になります。

「早く売り切れにすればよかったのにすみません。元々の予算の分だけで大丈夫です」と,note酒場の統括をしてくださっているうすいよしきさんにお話ししたところ,オーバーした方の抹茶も快く立て替えてくださいました。感謝しかありません...。

この記事のトップ画像も,うすいさんが撮ってくださったものになります。ありがとうございます!
↓そのうすいさんが書いた渾身の記事がこちらです。

note酒場が開催されるまでと,開催された後の収支報告までが,1記事に詰まっています。
そして最後には,第2回note酒場についてのお知らせも。

今うすいさんは,上に書いたような経費を立て替えてくださっています。
上記の記事にお目通しいただき,ぜひお力添えをいただけましたら幸いです。

↑こんなではございますが,ぜひ第2回note酒場で,皆さんとお話できたらいいなぁと思います。


この場をお借りして

私が抹茶メニューばかり作っていた間に,他のメニューをどんどんご提供してくださったちまめさん,本当にありがとうございました。お皿洗いなど担当外の仕事も快くテキパキこなしてくださり,抹茶を点てながら働きぶりに惚れ惚れしておりました...!

そして私がお皿洗いに関して最弱の格好(着物)をしていたために茶碗や片口など色々と洗ってくださった金森悠介さん,めちゃ巻き込んでしまい抹茶ラテの泡を作り続けてくださった葛上洋平さん,茶碗を適宜回収してくださった皆さまなど,私の個人的な抹茶メニューにまでご協力いただいた方々,本当にありがとうございました。

そして運営とスタッフの皆さまに,特別厚くお礼申し上げます。このような機会をいただき,本当にありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

初めまして。週5でギャラリーの店頭に立ってる茶人です。 Instagram https://www.instagram.com/teaist12/ Twitter https://twitter.com/amnjrn 記事のシェアまたはフォローをしていただけると嬉しいです🍵

あなたにいいことが起こりますよう🍵
38

これも「お茶」だと言い続ける

毎日点てるお茶,茶人の修士論文,バーチャルろくろ。バラバラに見える活動に共通していたのは,ある主張でした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。