賞賛も批判もせずに「解釈」するということ

批判的な文章が溢れているのは学術界ではなく,ネット上だ。

例えば論文では,先行研究のような他の研究者が必死に書いた文章を,どの視点が足りないなどと指摘し,自分の観点をその上に重ねる。

この過程とネット上の批判は,どのように異なるのか


人間の生きる文脈を汲み取ろうとする,文化人類学や社会学的な研究では,3つのコアアプローチがあるとされる。〔箕浦 2009: 2-8〕

論理実証主義的アプローチは誰の目にも同じように見える客観的世界(「真理」とか)が存在すると信じてる人が,知見を一般化しようとする立場。

一方で解釈的アプローチ批判的アプローチは,どちらも唯一無二の客観的世界なんてないと考える立場だ。
どんな観点に立つかで社会的現実は変化すると考える。


ただし解釈的アプローチは,行動や状況に着目して「分かろう」とすることに主眼がある。
そして批判的アプローチは,悪しきものを「変えていこう」とする志向が強い。

論文の中でも批判をメインとしてるのは,箕浦の挙げた3つのアプローチのうち1つだけだ。

修士論文のあらすじを一行で言うと,「伝統」的な茶道も前衛的な社会人茶人のするお茶も,決して反発し合うものではなく,両方とも現代の「お茶」である,というものだ。

つまり私の修論は,解釈的アプローチで書かれている。
「お茶とは何か」を問うのが論理実証主義的アプローチである一方,「人々や本人がお茶と呼んでいるものがお茶」という立場を取っているのだ。

(この点は以下の記事で掘り下げています。)

例えば「伝統」と「前衛」と並べると,どちらかを仮想敵とし,もう一方の正当性を訴える文章(批判的アプローチ)が思い浮かぶ。
事実,私がインタビューした人々(インフォーマント)は現行の茶道の問題点を挙げ(第3章),改善案も同時に示している。

しかし「問題点を主張して解決策を示す」この流れは,インフォーマントの行動であり,調査者の意図ではない。

むしろそれほど批判的な目を持っておきながら,なぜ茶道を辞めないのか。そこにはインフォーマントなりの理由があるのではないか

そこに関心があり,彼らを追っていた。


例えば仮に,そんな使途不明なお金は払っちゃいかん!などと訴えたとしよう。
この主張が正論かどうか以前に,それは(主に当事者ではない)ある立場の人間の意見だ。

なぜなら,ある立場に立たない限り,それが正論かどうかも判断できないからだ。
そしてその「正論」を正しいと思うのも,ある立場の人間だけだ。

全員にとっての正解はもう,存在しなくなりつつある。


他者の合理性と自己の不合理性

私は修論という具体例を差し出すのみにして,ここからは専門家に依拠しつつ話を進めたい。


本書で扱われている内容の一つが「他者の合理性」である。
(調査者にとっては)不可解に思える人も,本人には理由があって,いたって合理的な判断のもとに生きているという考え方だ。

一方で,自分が合理的だと思ってる判断も,誰かにとっては不合理かもしれない。
これが「自己の不合理性」

先述の「そんな使途不明なお金!」というのは,調査者自身が無意識に抱いていたバイアスに他ならない。
このバイアスが無い人にとっては,お金を払うことは正解になり得る


ディスる文章が産み“出さない”もの

では「他者の合理性」に寄りそうでもなく,かつ「自己の不合理性」に無自覚な文章はどうなるのか。

最も問題があるのは,「他者の合理性」でも「自己の不合理性」でもなく,「他者の不合理性」を記述する調査です。
これに依拠した書き物からは,ほとんど学ぶものがありません。〔岸 2016: 147〕

あくまで一例だが,お金を納める方が悪いなどと結論づけることは「他者の不合理性」を強調している。そこでは「自己(=書き手)の合理性」が前提にある。

なぜお金を納めるのか,すなわち他者の理由を知らない批判は,ただの持論だ。

この手の調査には「調査をしたからわかったこと」が書かれていません。なぜなら,調査をせずともわかっていることを,自らの通俗的な「ものの捉え方」でなぞっているからです。その結果,問いが深められた形跡のない書き物ができあがるのです。〔岸 2016: 147〕

「他者の合理性」に無頓着な書き物では,何かが間違っていると主張することが,元々の持論が正しいと主張することと同義になっている。

外の出来事や調査を引き合いに出し,持論の正当性を訴えたところで,実は元々の持論以上の何物も生まれていないということだ。


相手の持つ合理性,つまり行動の理由を知ることなく,間違い(に思えること)を指摘することも,嫌うことも,文句を言うことも容易だ。

普段している「批判」とは,なんて小手先の動作なのだろう。


何か描写して,そこに否定的な含みなど込めたところで,不愉快な引っかき傷しか残せない


私が立ち向かったものは,インフォーマントが見せてくれた,この世界のほんの一部だ。
山ほど思うところはあるのに,描写はできても,何を「きちんと批判」できようか。


批判の限界と「圧倒的肯定」


「批判すること」に心が砕け,結論の中で肯定に辿り着く。

今日まで受け継がれてきた流派の「茶道」も,
そこから派生した独自の茶会も,
「今ここ」に生きる社会人の「お茶」も,
全て正しく,等しく,「現代のお茶」だ。

理解を超えたものへの嫌悪感そのものは了解できる。
しかし本当に「茶道」を後世に残したいのであれば,必要なのは,この世界に実際に起こっている「お茶」を肯定することだ。
〔矢島 2017 引用は6.2.から〕


修論のあとがきで触れた真の帰結が「圧倒的肯定」だったのは,偶然ではない。

論文は,ただ批判するための文章でも,持論をただ補強するための文章でもない。

研究を通して,人の数だけ,彼らが対峙する世界を見る。
人の生活を,ひたすら聴き,時には読み,描写し,分析する。

その過程では,批判材料よりも誰かの合理性に「気づく」ことの方が多い。

私もまだまだ,人類学的視点を手に入れる途中だ。
しかしこの視点の先に,ニュートラルな世界が見えるようになるのではないかと思っている。


(修論シリーズが終わり,新マガジン「これもお茶だと言い続ける」を作りました)。


参考文献
箕浦康子(2009)『フィールドワークの技法と実際〈2〉分析・解釈編』ミネルヴァ書房
岸政彦ほか(2016)『質的社会調査の方法 -- 他者の合理性の理解社会学』有斐閣ストゥディア

下記の自分の修論も一部参照しました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

初めまして。主にオンラインにいる茶人です。 Instagram https://www.instagram.com/teaist12/ Twitter https://twitter.com/amnjrn 記事のシェア,各SNSのフォローをしていただけるととても嬉しいです🍵

おかげさまで更新頑張れます🍵
38

【修士論文】現代茶人の人類学

『流派と「茶道団体」を横断する :若手社会人茶人と「伝統」の共存』(2017) * 2018年3月末に,国際基督教大学アジア文化研究所発行の学術誌『アジア文化研究第44号』に抄録が掲載されました。スマホでも読みやすいようにレスポンシブ・デザイン論文に改訂し,全文公開してます。
4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。