日本茶を広めたい! ただそれだけのシンプルな想い。

こんにちは。
お茶好きの服部孝江と申します。初めてのnote投稿で緊張しておりますが(笑)、どうぞよろしくお願いします。

普段は、個人ブログBeautiful Tea LifeとSNSで「お茶のある暮らしぶり」などを、ほぼ毎日更新しております。もうすぐ5年。少しでも「お茶を広めたい!」という一心で書き続けてきました。

ただ、このようなやり方では圧倒的に広めることは難しい・・・限界がある・・・と感じていたのも事実です。つまり、一人で片手間に個人的に活動する方法です。そこで、先月1月に会社を設立しました。

今回は起業に至るまでの経緯や想いと、今後について書き綴っていきます。これから進めていく上での備忘録的なものにもなりますし、茶業界を盛り上げる為の “1つのきっかけ” になればと考えております。

6つのチャプターに区切って書いております。どうぞ途中でお茶でも飲みながら、最後までお付き合いいただけたら幸いです。

1. お茶との出会い

まずは、どうしてお茶なのか?

私は新潟出身。身近に、茶業界に携わっている知り合いはいなかった。家の周りは水田や野菜畑が広がっていた。一見「お茶」とは無縁の環境だ。

◆お茶で親子げんか
実は、私の母親がバカがつくほどお茶にこだわっていた。正確に言うと、お茶全般ではなく「煎茶だけ」にこだわり続けている。今もなお現在進行形。1日に5回以上は急須で煎茶を入れる。親類の家に行けば、自分で淹れた方が美味しいからという理由だけで、勝手に人様の家で抽出が始まる。

高校生のころ、私が淹れたお茶が不味いという理由で親子げんか。もう二度と急須に触るものか!と思ったものだ。でもふと「どうして同じお茶っ葉で、同じお湯を使って、同じ急須で淹れているのに、ここまで味が違うのだろう?」と、疑問に思った。

この疑問こそが、お茶に興味をもつきっかけとなった。ある意味、お茶と出会った瞬間なのだ。

◆海外の紅茶に興味をもつ
大学進学とともに、上京。100種類ものお茶たちと出会うことになる。

上京したときは、どれもかれもが新鮮。その中で私が釘付けになったのは、100種類ものお茶が並ぶお茶屋さんだった。「お茶って、こんなに沢山あるんだ!」とても感動したものだ。

社会人になってからは、頻繁にお茶屋さんに足を運んでは紅茶を買い、何十種類ものお茶を飲み比べていった。そうして気がついたら、お茶の虜になっていた。紅茶教室にも通い、最終的にはティーアドバイザーの資格も取得しました。


2. 修行のような日々

実は最初の勤務先は、小学校だった。なんとなく敷かれたレールの上を歩いていたら、小学校にたどり着いた。。。確かに、楽しい日々でした。

でも、あれ?!私の居場所はココではない。

◆紅茶の世界へ
小学校を離れ、あの100種類もの紅茶の世界へ。あのお茶屋さんで、働きたい!

しかし現実はそう甘くはなく、2度もお断りの連絡をいただいた。3度目の正直で、本店のサロンで働けることになり、そこから修行のような日々が始まった。

お茶の名前と味わいを一致させ、各種類に合った淹れ方や味わいを提供しなければいけない。しかも紅茶だけではなく、緑茶部門も合併し、トータル200種類くらいの世界中のお茶の種類を覚えて、抽出できるようにならなければいけない・・・

ときには一般のお客様に混じって、本店のセミナーにも参加したりと、もう必死でした。でも楽しかった。

◆過去に一度、起業も考えた
実は、過去にも起業を考えていた時期があった。

2度、お茶屋さんにお断りされている間に、起業塾セミナーに通っていた。このとき思い描いていたことは、紅茶専門のカフェだった。でも最終プレゼンをしながら、「お茶を広めるって、こういうことではないんだよなぁ。。。」と感じていた。しかし、どういうことが「いわゆるお茶を広めること」なのかは、見当がつかなかった。

まだガラケーの時代。実店舗を出すことしか思いつかず、起業は断念した。


3. 個人ブログで、お茶の情報発信をはじめる

数年後。
ネットやスマホも普及し、誰もが情報発信できる時代がやって来た。

◆周囲のすすめでブログをはじめる
「Wordpressでお茶のことを書いていったらいい」

今までメールかネット検索しかしてこなかった私には、
・Wordpress
・ブログ
・情報発信
と言われてもピンとこなかった。

でも数週間後には、そのWordpressとやらでブログを始めていた。好きなお茶について、毎日更新するのが楽しみだった。
ブログ参照:Beautiful Tea Life

◆狙いは、お茶に興味がある人を増やすこと
まだお茶に興味がない人、消費者向けの情報発信のはずだった。

しかしフタを開けたら、日本の茶園さんと知り合う機会が増えていった。お茶が好きというお茶仲間の方々とも、ネット上で繋がることができた。いい意味で、当初の狙いとは真逆の反応に戸惑ったりしたものだ。

茶園さんと交流していく中で、日本茶業の実態を目の当たりにする機会も増えていった。実際に茶園さんの元へお伺いして、お話をお聞きしたり茶畑を見学する機会もいただいた。

お伺いしながら、再び「お茶、いや日本茶を広めたい!」という気持ちがふつふつと湧いてきた。


4. リアルに活動してみる

お茶を消費する人口を増やそう!という思いで、「ミニセミナー」と「Tea散歩」の2つの活動を実施しました。

◆ミニセミナー
こちらも周囲のすすめもあり、初心者向けのお茶教室を開催することができた。

ただ単に、お茶の知識を伝達するのではなく、
・お茶の「美味しさ」を知っていただく
・お茶の「楽しさ」を知っていただく
特に、上記の2つに重点をおいた。

印象的だったのは、「えっ?!お茶ってこんなに美味しいんだ!」「いつものこのティーバッグ、こんなに美味しくできるんだぁ」という驚いた表情でした。

もしかしたら、お茶が苦手とか嫌いなのではなく、知らないだけなのかもしれない。あとは急須とか、面倒くさいと思っているだけなのかもしれない。でも美味しいお茶を知ってしまうと、みんな笑顔になる!美味しい笑顔は、みなさん共通しているようだ。

ミニセミナーを実施して、そう感じた。

◆Tea散歩
この企画は、ある日目覚めたら急にパッと思いついた企画だった。その日の午前中には、浮かんだ構想をまとめていた。「お茶を広めるには、何が有効的なんだろう?」と常に考えていたから思いついたのかもしれない。

Tea散歩で実施したことは、2つ。
・お茶の専門店や日本茶カフェに行ってみる
・茶畑へ行ってみる

ここで感じたことは、参加者が増えてきたら一人で運営しきれない。もし全国の茶畑へ泊まりがけで行くことになったら、旅行会社のごとく働くことになる。一人で片手間では、限界がある。そう感じた。

実施した2つのことは、浮かんだ構想の1部分だった。今回起業したきっかけには、このとき浮かんだ構想が土台にある。具体的には、今後少しずつ公表するときが来るだろう。


5.通販で「売れないもどかしさ」を経験

少し、お茶とは関係のない話になります。

個人的にブログを始めたり、リアルで活動を実施しているのと同じ時期に、実は個人的に通販を始めている。販売している主な商品は、お茶ではない。ドロップシッピングというシステムを活用して、家具を販売していた。

◆最初の1つが、全く売れない。
ド素人感覚だと、自分のネットショップを公開したときから、たくさんサイトにお客様がやってくると勘違いしてしまう(笑)でも実際に経験してみて、こんなに難しい商売はない。(まぁ、どの商売もそんなに簡単ではないが・・・)

まずは最初の1つが売れないのだ。これは、もどかしい。サイトを作り込む作業と売上結果には、タイムラグが必ずある。コツコツ積み重ねることが大切だ。そして相当の売上高を維持するには、これまた個人的に片手間では、難しいことなんだということも分かった。

◆ふと、茶園さんのことを思った
自らネットショップを開設して、産地直送している茶園さんもたくさんいらっしゃる。

・お茶を育てる作業
・販売チャネルを増やすこと
・通販サイトをつくって販売すること などなど。

そう。茶園さんはただお茶を育てているわけではない。手塩にかけて育てたお茶が売れたとき、美味しいと言われたとき、どんなに嬉しいことか。なんとなく分かる気がした。

実際に、茶園さんの通販で購入したお茶のレビューを、ブログやSNS等で発信すると、直ぐに反応があったりする。とても嬉しそうな感じが伝わってくる。


6. 圧倒的に広めるために、自分ができること

私は今や「ただの消費者」でもなく、「茶業界」に携わっているわけでもない。でも、この立場だからこそできることもある。

◆茶園さんたちの、笑顔を増やしたい!
今までご紹介させていただいた経験などを通して、シンプルに茶園さんたちの嬉しそうな笑顔を、もっとたくさん増やしたいと思った。

日本茶の歴史は古く、鎌倉時代、平安時代からとも言われている。その歴史を背負いながら、何百年も茶業を受け継いだりしている。凄いことだと思う。

◆お茶を飲んでいるときの、笑顔も増やしたい!
ミニセミナーで見た、「美味しい!」と言いながら飲んでいた、あの笑顔は忘れられない。

美味しいお茶は、人を笑顔にする。

今や、お茶の入れ方や飲み方は、自由だ!堅苦しいことは横に置き、まずは楽しんでもらいたい。もっと詳しく知りたいと思ったときに、知識なりを得ればいい。

◆笑顔と笑顔をつなぐ、架け橋のような存在になりたい。
作り手、販売者、消費者などなど。立場によっては、いろいろな想いがあるだろう。でも美味しいお茶を飲んだときの、あの笑顔はどの立場でも同じはず。お茶を通して、笑顔がつながる場所を提供していきたいと思う。

最後に

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます!

起業はしたものの、当たり前ですがこれからが勝負。本格的に始動する前に、SNSで繋がっていただいている茶園界隈の皆さんや、お茶好きの方々に、ご挨拶というかご報告しておこうと思い、今回長々と書き綴ってきました。

とはいえ、ここで一区切りというわけではなく、今後は今まで同様、一緒に同じ方向を見て茶業界を盛り上げていただけたら、という気持ちでいっぱいです。どうぞよろしくお願いいたします。

では、また何か進展などありましたら、noteにてご報告させていただきます。個人的な内容は、今まで通りの個人ブログで発信して参ります。

----------------------------------------

最後の最後に、デザイナー&エンジニアの皆様へ

もし最後までご覧になり、少しでもご興味をもたれたデザイナーやエンジニアの方がおりましたら、ぜひ、私:服部孝江のFacebookメッセンジャーの方に、ご一報いただけると幸いです!また周りの方々へ、ご紹介していただけるとありがたいです。

ちなみにTwitterもございます:服部孝江のTwitter

UI/UXデザイナー、プログラミング、バックエンド、CTOなどなど、スタートしたばかりなのでポジションは充実しております。

本格的な求人は、資金調達の目処がついた時点でさせていただこうと、今の時点では考えております。その前に、最後まで読んでくださったデザイナー&エンジニアの皆様に、先行してお声がけしております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♡ 励みになります!
10

服部孝江

コメント2件

はじめまして!播磨屋茶舗の赤松佳幸と申します。初投稿読ませて頂きました!
服部さんの熱いお気持ち、とてもカッコいいです!
私はまだこの業界に入って日が浅いのですがとても刺激を貰いました!
服部さんの様に日々コツコツと行動していこうと思います!
ありがとうございます!
お茶に関わっていたら、熱い気持ちが育ってきた感じです。日々、波もありますが、継続していこうと思います。
一緒に、もっと熱くなりましょう!!(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。