【無料】"阿波杯2位のウルネク"

どうも、凱です!
今回は有料記事書いていこうと思います

↑4/25:無料になりました。

くりお宅ポケカナビ、阿波杯で使用したウルネクです!

・デッキレシピ
・採用カードの理由
・環境デッキとの相性と立ち回り

の3本立てで書きました
読んでいただけると嬉しい限りです

・デッキレシピ

【デッキコード】
Fw5VVV-hTnSbo-FFVd51

マーイーカ4
カラマネロ4
ジラーチ3
ギラティナ2
ウルトラネクロズマGX2
カプ・テテフGX1
マーシャドーGX1
17
リーリエ4
グズマ2
6
ハイパーボール4
ネストボール4
ミステリートレジャー4
ダートじてんしゃ3
カスタムキャッチャー4
ポケモンいれかえ2
レスキュータンカ1
エスケープボード2
こだわりハチマキ1
トキワの森3
28
超エネルギー6
鋼エネルギー3
9

・採用カードの理由
イカライン44
言うまでもなく、今回はメタモンの採用を見送りました
カラマネロ複数体立てるとウルネク+鋼エネルギー+ボードジラーチor入れ替え系(ポケモンいれかえ、グズマ)で天井火力を押しつけれます

ジラーチ3
前回の新潟大会では2でしたが、増やしました
初手で一番引いて欲しいポケモンなので多いに越したことはありませんでしたが、4はいらないです

ギラティナ2
非GXで盤面を埋めるプランに必須なカード
1だとサイド落ちが怖いので2
ジラーチサンダー相手などで非GXで盤面を埋めるプランで必要

ウルトラネクロズマGX2
スピード、火力を兼ね備えた最強のアタッカー
超2枚で180(テテフ、ズガドーン、レックウザ等)、+拘りで210(ゾロアーク、ルガルガン等)
超3枚で260(ピカゼク等)、+拘りで290(セレバナ等)
とワンパンで黙らす
こだわりハチマキの採用が1なので、ゾロアーク相手にも超3枚で殴ったり、セレバナに超4枚で殴ることもザラです

カプ・テテフGX1
できれば採用したくはないカードですが、ハイパー4、トレジャー4があるなら弱いわけがない
初手のリーリエ、締めのグズマと仕事が多いです
このデッキにおいてはしたい動き(初手リーリエ、イカをたくさん置く)を100%に限りなく近づけてくれるいいカード

マーシャドーGX1
主にピカゼクメタ
このカードのおかげでカラマネロ2体の盤面のギラティナ技(ウルネク技)orカラマネロ1体+拘りハチマキのウルネク技でピカゼクをワンパンできる

ゾロアーク相手にも2:2交換が出来るため、腐る相手は少ない

3枚目のウルネクとしても使えるためスキがない

リーリエ4
初手に打ちたいサポート
このデッキで4じゃない理由がないです
ボール系で手札が細くなるので、いつでも欲しい

グズマ2
ほんとは4枚入れたいカードですが、カスタムキャッチャーが入っているかつ初手に貢献できないのでこの枚数に

ハイパー4、ネスト4、トレジャー4
イカを置くのが勝ちに直結するためこの枚数に
イカだけでなく、全部ウルネクにタッチできるあたりも強い

ダート3
4入っていたカード
エネルギーが元々5枚だったのでエネルギー6枚目になった
可能なら4枚入れたいカード

カスタム4
手札が細くなるので、ドローソースでありながら、フラダリとしても使える
リーリエ、ねがいぼしで引き込みながらグズマ打てるのがやばいってのはルガゾロが証明済み

いれかえ2
不可能を可能にするカード
あなぬけじゃない理由は、正面のアタッカーか後ろの倒したいポケモンを倒すデッキだから

タンカ1
必須
イカ狩りに対して強い、ウルネク、マーシャドーを使い回す
ジラーチもたまに戻す
デッキを引き切るぐらい回すことも少なくないので、サイド落ちしなければ基本使える

ボード2
ジラーチ、テテフ、マーイーカ、ウルネク全部に貼る可能性あるカード
盤面に逃げ0を作れるのがめちゃくちゃ強い

こだわり1
0だと困るシーンが多いし、かといって2入れる枠が無いためこの枚数

トキワ3
スピナーの代わり
複数回使えるとバリューを感じられる

超エネルギー6
5枚でも回しましたが、6が最低ラインだと思ってます

鋼エネルギー3
これがジャスト

・デッキ相性、立ち回り
vsピカゼク 8:2
こちらが相当下振れなければ負けない
マーシャドー、ウルネク、タンカ込みで3枚ずつ取るのがわかりやすい勝ち方
カラマネロはマーシャドーで殴るなら2で足りるが、3置きたい

vsルガゾロ 4:6
マニューラの有無でかなり変わってくる
ウルネクを置く場合はデスローグケアでベンチ3に絞る
ベンチ広げる場合は非GXで盤面を作らなければいけないなど、後攻を取ると明確に不利がつく
先行を取れるとウルネクに手張りでゾロア、イワンコなどが取れたり、楽できる試合が多いので限りなく5:5に近づく

vsズガドーン 7:3
180を撃ちに行くゲーム
サイドを2枚差つけられると厳しくなるため、2ターン目から動かないと負けに直結する
意外とシビアな立ち回りを要求される

vsジラーチサンダー 5:5
新潟のときはジラーチを2枚置くプレイヤーが多かったが、バレてると2枚目が置かれないため厳しい
置かないプレイを徹底してくる相手には2ターン目からギラティナを動かし、ジラーチを取り続けてサンダーが動けないorギラティナが倒されない場面を作るように努める
サンダースが見えるまでは2枚取りされないようにギラティナやカラマネロに4点を置く

vsセレバナ 7:3
ガン有利ってわけではなく、要求値がかなり高いので慣れが必要
鋼エネルギーは倒すシーン以外は基本見せない
ベンチのウルネクを倒す手段が乏しいので、超エネルギーをウルネクにつけ続けて、パーツが揃ったらフォトンゲイザーを使う
基本的にギラティナは使わないマッチング

vsバラマキ 5:5
GXを置かない展開を狙う
カウンターエネルギーを起動させない立ち回り(シャドーインパクトの4点でサイドを取らせる)や相手がジラーチ型ならめつぼうのひかりのプランも視野に入れる

1/14追記:
最後まで読んでいただきありがとうございました!
初めての有料記事への挑戦で至らない点も多くあったとは思いますが、沢山の方に読んでいただき嬉しい限りです
大会の結果次第では次回もあるかもしれないので、その時もより多くの方に読んでもらえるよう精進します!
今後ともチムゴリのブログの方をよろしくお願い致します!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

21
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。