世界のITトレンド+α

16
ノート

Googleは「情報の整理」から「情報の編集・生成」にシフトしつつある

Googleが毎年開催するカンファレンス「Google I/O」。毎年話題となる発表が盛りだくさんです。

いくつか気になるものを紹介して、Googleが今後してきそうなことを考えたいと思います(本当は特許も調べたりしたいけど別の機会に)

ある情報の周辺情報を自動で収集、提示してくる機能(Full Coverage)

去年ローンチしたFull Coverageというニュース機能。最近のニュース

もっとみる

スタートアップの知財戦略に関わるIPOとM&Aの違い

自分が分科会のオーガナイザーをしているSmips(知的財産マネジメント研究会)で、特許庁のスタートアップ施策(IP BASE、IPAS)についてのセッションが2つありました。

様々な観点に話が広がったので詳しくは上記まとめを見てほしいのですが、本記事では下記の内容について詳しく書いてみたいと思います。

スタートアップが抱える特許訴訟リスク

以前、スタートアップと特許訴訟に関する記事を書いた。

もっとみる

中国の「軽いIoT」は、インターネットから現実に飛び出たタケノコである

3月末のnote開設以来、現地から中国テック事情の良質な記事を量産しているインターネットプラス研究所。

そのメンバーの伊藤亜聖氏が執筆者の1人として制作された『中国14億人の社会実装』というレポートが公開されていた。

レポート内では現地で活躍する有識者にインタビューしているのだが、深センで長い間活動するEMS企業(電子デバイスの製造を請け負う会社)ジェネシス・藤岡氏の話の中にこんな発言があった

もっとみる

スタートアップが特許訴訟で死なないためにーー特許クリアランス調査の費用・依頼先・タイミングなど徹底解説

先日こんな記事を書きました。

今回は続きとして、「スタートアップが特許侵害訴訟を受けて死亡しないためにできること」というテーマで書きます。

特許侵害訴訟を受けると死ぬの?

仮に死ななくても泣くほどツライです。

たとえば、前回の記事で紹介した記事では、Exit(M&A)時の買収額が推定価値524億に対して365億と、約160億円(30%)のディスカウントが行われたという推定がされています。

もっとみる

スタートアップを取り巻く特許侵害訴訟の世知辛い現実

ネットサーフィンしていたら、こんな記事を発見しました。

Azure IP Advantageって何?

Azure IP Advantageの説明動画はこちら(公式動画よりこっちの方がわかりやすかったので)

ざっくり内容を説明すると

・スタートアップ企業は特許侵害訴訟のリスクに侵されている
・マイクロソフトはAzureのユーザーに下記3種類のサポートを提供するよ(一定の条件を満たす必要はある

もっとみる

Stadiaの特許読んでみたら、発表以上にスゴイ機能が書いてあった【GDC2019・Google】

GoogleがGDC2019(Game Developer Conference 2019)で発表したクラウドゲームプラットフォーム「Stadia」。

・Youtubeのトレーラー映像から5秒でゲーム開始可能
・PC、スマホ、テレビなど様々なデバイスでプレイ可能&一瞬でデバイス切替可能
・ゲームをサクサクプレイしながら、プレイ動画を4K・60FPSで配信可能
・様々なグラフィック表現をリアルタイ

もっとみる

各マガジンの案内&おすすめ記事の紹介

本記事では、テクノ大仏がnoteに執筆する各マガジンの説明や、おすすめ記事の紹介をします。(最終更新:2019/3/3)

テックノマド in アジア

このあと紹介する各マガジンの記事をほぼマルっと全部入れたマガジンになります。TOP固定を除いて時系列のままで並べるのでブログっぽく読んでもらえるとありがたいです。

世界のITトレンド+α

世界をリードする米中でのITの動きについて、新サービス

もっとみる

GAFA・BATなど、米中IT企業決算資料の置き場所まとめ【随時更新:20社】

GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)、BATH(Baidu、Alibaba、Tencent、Huawei)といった超大手IT企業の動向を追う上で、各社が公開している決算資料は非常に重要なものになります。

発表があるごとにネットニュースが流れてきたりもしますが、こういった情報はできれば一次情報で読みたい。ということで、各社の決算資料の置き場所をまとめました。

気に

もっとみる

「データ提供への配当金」は、データに対するユーザーの考えをどう変えるのか

このnoteを見て初めて知ったけど、おもしろい動き。

1. 記事の内容をざっくり解説

書かれていることを補足も交えて説明すると

・かつて石炭や石油が重要な資源だったように、これからはデータが重要な資源になっていく。米中のIT企業(GAFA・BATなど)はユーザーからのデータを囲い込み、欧州はGDPRでそれを阻止しようとしている

・カリフォルニア州の知事に1ヶ月ほど前に就任したギャビン・ニュ

もっとみる

ゲーム売上世界一。テンセント関連の主要ゲームタイトルまとめ(Fortnite、LoL、伝説対決、クラロワ)

ゲーム事業売上高が世界一といわれる中国の巨大IT企業・テンセント。オンラインゲーム事業は同社の売上の1/3を支える主力事業で、QQやWeChatなどのSNSサービスに比べて早くから中国国外で展開できている(国外で流行っているものを買収している)ことからも、同社にとって重要な事業になっています。

本記事では、テンセントのゲーム事業について、その概要と世界のゲーム事情、テンセントが関わっている代表的

もっとみる