世界のITトレンド+α

8
ノート

「データ提供への配当金」は、データに対するユーザーの考えをどう変えるのか

このnoteを見て初めて知ったけど、おもしろい動き。

1. 記事の内容をざっくり解説

書かれていることを補足も交えて説明すると

・かつて石炭や石油が重要な資源だったように、これからはデータが重要な資源になっていく。米中のIT企業(GAFA・BATなど)はユーザーからのデータを囲い込み、欧州はGDPRでそれを阻止しようとしている

・カリフォルニア州の知事に1ヶ月ほど前に就任したギャビン・ニュ

もっとみる

ゲーム売上世界一。テンセント関連の主要ゲームタイトルまとめ(Fortnite、LoL、伝説対決、クラロワ)

ゲーム事業売上高が世界一といわれる中国の巨大IT企業・テンセント。オンラインゲーム事業は同社の売上の1/3を支える主力事業で、QQやWeChatなどのSNSサービスに比べて早くから中国国外で展開できている(国外で流行っているものを買収している)ことからも、同社にとって重要な事業になっています。

本記事では、テンセントのゲーム事業について、その概要と世界のゲーム事情、テンセントが関わっている代表的

もっとみる

TikTokで参考にしてる人まとめてみたよ

中国ではMAU5億(DAU2.5億)、日本でも既にMAU950万人と勢いが半端じゃないショートムービーアプリ・TikTok(読み方はティックトック。ちなみにTikTokはグローバル版の名称で、中国版の名称は「抖音・ドウイン」。中国版はグローバル版より新機能追加などが先行しています)。

いま最も注目のアプリなだけに様々な人が情報を発信しているが、この記事では自分が参考にしている人やメディアをまとめ

もっとみる

【ITトレンド2018】スライド294枚から10枚選んでまとめてみた

毎年5月にアメリカで開催されるIT&メディアのカンファレンス「Code Conference」。その目玉の1つが、IT業界の伝説のアナリストと呼ばれるメアリー・ミーカー(現在はベンチャー・キャピタリスト)が発表する「Internet Trends 20XX」(通称:メアリ・レポート)です。

本記事では、毎回30分の発表時間で200枚以上(今回は294枚!)のスライドを使用する膨大な情報の中から、

もっとみる

トヨタの自動車事業は別事業で積み上げた特許の売却資金が元手になった、というスタートアップのピボットに通じる話

先日、ソニー創業期の話を書いたが、日本大企業シリーズ第二弾はトヨタの話を。

世界トップの自動車メーカーとして名高いトヨタ自動車。最近ではソフトバンクと組んでMaaS(Mobility as a Service)に本格参入するなど、IT分野にも大きな影響を与えています。

そんなトヨタですが、実は創業当時の主力ビジネスは自動車ではなく織物機の製造・販売(豊田自動織機)。

「織物機で大きな成功を収

もっとみる

テンセント、ミクシィ、DeNA…事例で学ぶ最新コンテンツIP戦略

2017年のスマホゲーム世界売上ランキングで3位になるなど、人気が続くスマホゲーム『モンスターストライク(モンスト)』。Youtubeでのアニメ配信を経て、2018年10月には劇場映画を公開とゲーム以外への展開を積極的に行っています。

ゲームが絶好調の『モンスト』が映画公開で狙っているのはいったい何なのか。

そこには、中国最強IT企業の1つ・テンセントにも通ずる最新のコンテンツIP戦略が関わっ

もっとみる

ソニーはなぜ超一流フランス料理店を自社ビルに作ったのか

『IP Business Journal』という知財系の雑誌で、ソニーの新旧知財部長による対談「知財を経営に組み込むDNA」(聞き手はIPTech特許業務法人副所長兼COOの湯浅竜氏)という記事の編集を担当させていただきました。

「IP Business Journal 2018/2019」巻頭記事「知財を経営に組み込むDNA」

今回は、この記事の編集を担当して最も印象に残った「銀座のソニービ

もっとみる

【書籍紹介】アジアのテック事情を知るための10冊(国家・都市編)

ネットで多くの情報が得られる現代ですが、ある程度まとまった情報を得ようと思うと今でも本からの情報収集が欠かせません。

本記事では中国・シンガポールといった国家や深圳・バンガロールのような都市にフォーカスして、国家政策などのマクロな目線で、アジアのテック事情を知るための10冊を紹介します。テンセント、アリババなど、いま勢いのあるテック企業に注目したまとめも後日作成予定です。そちらもぜひお読みいただ

もっとみる