「省庁とスタートアップが共に鍛え合う社会」について考える会を開催します ~経産省職員のメルカリ出向を事例に~

最近「スタートアップのことを勉強しよう」をテーマに、いろいろ企画しています。

6月に開催した勉強会。他にも「特許庁のスタートアップ支援施策」「スタートアップ支援に特化した特許事務所」など扱ってきました。

今回はその第三弾として、「省庁とスタートアップの関係」について考えたいと思います。

今回の企画のきっかけ

twitterでフォローしてるメルカリの政策企画・吉川さんがしてたツイートが気になり、

前から何となく気になっていた「経産省職員のメルカリ出向」の取り組みがひと段落したことを知り、

おもしろそうな人だなーと思って声掛けさせてもらい快諾いただきました。

メルカリの人はtwitterで多数フォローしていて、そのやりとりにほっこりする機会も多いのですが、その空気に完全になじんでるなーと。

下記の本などでも議論されていますが、

・「法は私たちの自由を規制し、創造性やイノベーションを阻害するもの」と思われがち
・省庁、官公庁も同様に見られがち

ですが、そういうイメージを払拭する一つのヒントになるのかなと思います。

イベント概要

スタートアップと省庁は共に成長できる関係へ――経産省からメルカリに出向した8カ月の体験談

日本を代表するスタートアップ企業・メルカリに、経済産業省の職員が出向する取り組みが2018年8月から2019年3月に渡って行われました。

この取り組みは経済産業省が2018年に創設した、意欲のある職員をベンチャー企業等に派遣し、スピード感ある経営現場での経験等を通じて政策遂行力を育成する「経営現場研修」の一環ですが、この時期はメルカリが決済サービス・メルペイをリリースするタイミングと重なっており、まさにスタートアップの最前線を経験したと言えます。

今回は、同制度の第1号案件として実際にメルカリ・メルペイに出向した八木春香さんをゲストに招き、

(経産省として)
・経産省の掲げるミッションについて
・日本のスタートアップをどう見ているか、何を期待しているか

(1個人として)
・経産省ではどんな仕事をしているか、してきたか
・なぜ出向先にメルカリを選んだ(決まった)のか
・メルカリ出向を通じて学んだこと
・メルカリ側にどんな貢献ができたと感じているか
・出向で感じたスタートアップの良いところ、問題点など
・そもそも「政策遂行力」って何なのか

といった話を通じて、今後の省庁とスタートアップの関係について考えたいと思います。

話題提供
経済産業省 大臣官房 秘書課 課長補佐(採用担当)
八木 春香 さん

参考記事

開催概要

開催日時:2019年7月6日(土) 13:00~14:30
※会場には15分前くらいから入場可能

開催場所:政策研究大学院大学(最寄り駅:六本木、乃木坂)
〒106-0032 東京都港区六本木7-22-1

会場到着後に

・受付で「Smips(スミップス)の参加者です」と伝えると、入場パスとしてカードホルダーみたいなものを渡される(受付に人がいなかったらそのまま入場ください)
・エレベーターで5Fまで上がって、講義室Lに移動
・講義室Lの入り口に受付があるので、そこで当日の資料を受け取る(名前を聞かれたり、名刺を渡したりが必要かも)
・当日資料に各分科会のテーマ、開催時間、場所が書かれているので、希望の分科会会場に移動

その他:参加費無料、事前登録は不要

勉強会参加したいという方、ぜひnoteのコメントや下記ツイッターにコメントなどいただけると嬉しいです!質問なども募集してます!

(twitter:@tech_nomad_

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート分はテック系有料メディアの購読など情報収集に活用させていただきます!(Tech in Asia、MITテクノロジーレビュー、The Informationなど)

ありがたやありがたや...
3

テクノ大仏(『技術広報の森』編集長)

ITスタートアップ向けの特許活動や技術資料作成支援など行うテック系フリーランスが、「アジアの最新IT事情」「ITスタートアップと知財」などのテーマで記事を書いていきます。

技術広報の森

テクノ大仏が執筆するnote記事がほぼ全部入ったマガジンです。ブログみたいな感覚で読んでいただければと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。