見出し画像

【無料】外資系マイルのスイートスポットはHNT旅程?!

この頃特典航空券のスイートスポット、システムバグを探しまくってますTeen Traveler(改名検討w)です。

Miles and MoreやFlyingBlueなどの外資系FFPのステータスを持っている都合上マイルを所有しておりますが、普通に使うとなると使い道に困ります。

空席がないとかではなく、必要マイル数があまりにも多いからです。航空会社によっては燃料サーチャージも。

今回紹介するのは、FlyingBlueのマイルのスイートスポットです。

スイートスポットと言いましても、エリアからエリアのスポットではありません。特にFlyingBlueの方は燃料サーチャージも高くて、必要マイル数も大きい、双子の赤字状態ですからw

アジアからロシアのイルクーツクなど極東地方行きです。

何故このルートがスイートスポットかと言いますと、東京出発で例にとると、NRT-ICN-SVO-IKTという遠回り旅程が、ビジネスクラスで43000マイル、エコノミークラスで17500マイルで予約する事が可能です。

また燃料サーチャージが僅か8930円です。ビジネスクラス、エコノミークラス共に諸税費は一緒です。

ここまで必要マイル数、燃料サーチャージが安いとモスクワでSVO-IKTの区間を放棄したくなりそうですが、イルクーツクもバイカル湖があったりして十分良いところですw

さて上記は東京発を例に取ってみましたが、他のアジア都市ではどうでしょう。

シンガポール発ではこんな旅程が出てきます。

燃料サーチャージが高いので、東京発程お勧めはできませんし、第一空席が今の所年末の数日しか出てこず、希望の日程で予約する事はかなり難しいようです。

しかしジャカルタ発の場合はもう少し燃料サーチャージを節約でき、尚且つ空席もかなりの割合であります。

このように、一見近いように見えて、実は遠いルートを見つけるとそれはスイートスポットかもしれませんw

今回は、今後このような内容を書いて行くよ的な意味合いで無料にしました。特典航空券を題材にしてるnoteの場合は、こんな感じにHNT旅程やシステムバグ中心に書いていますので、今後のnote購入の際に参考になればなと思います。

この記事に関する内容に関して疑問、記事内容の他媒体への転載、引用などは筆者に連絡お願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

執筆活動や調査の費用に使わせてもらいます。サポートお願いします。

5

Teen Traveler

旅とマイルが大好きな高校生です。学生でも出来るプレミアムな旅をモットーに航空系ネタを執筆していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。