Masaomi Fujita

2012年デザインオフィス「tegusu」を設立。ブランディングの考え方を軸に、企業や店舗のCI・VI開発、グラフィックデザイン、WEBデザインなどにおいて、コンセプトの立案からデザインワークまで幅広く行っている。