てくすちゃ

青色に恋した26歳,女,学生

研究楽しいいいいい!頭疲れる!でもゼミ楽しいよおお…とか嘆いている院生です,こんばんは.
博士の学生になって1ヶ月が経ちました.
はい,この時期に何が待っているかというとD生の通過儀礼(?)とも言えるDC,学振の季節ですね…!
GW返上で…とか思っていたのですが,連休前に第一稿を見せてくれとの指導教員からのお達しで書き上げたので今は校正作業がメインとなっていて,一日中パソコンに貼り付いていなくてもなんだかんだ,時間をおいて見直してから,ああそうだここ…という感じでの校正.
とりあえずこれでも死ぬ気でDC取りに行こうとしてる人です.
構想自体は年明けくらいから考えていたので.

さて,本日は日付がもう変わってしまったので平成最後の日ということになるんですかね.
平成最後の,という接頭辞はもはや何の意味を持たずにただの持て囃しとしか感じられなくなるほどに聞き飽きました,正直なところ.
元号改変といえば大正になるときに日日新聞さんが大正のルビを間違えて「たいせい」時代になるところだった,くらいがせいぜい面白い話です.
何が言いたいかというと,そんな前日に久しぶりにサークルの同期とあったのです.お話をしたのです.ランチをしたのです.
彼女の本音を,出会ってから6年程経ってnoteで知ったという.

彼女のnoteは魅力的です.
いつも更新されてると絶対読むんですけど,彼女の健気な容姿からは想像できないような「わかっちゃいるけど生きづらい」みたいなところを切なく書くんですよね.自己分析もすごくて客観視できているからこそ自分てこうなんだって嘆きそうになったり,寂しくなったり,わかってるけど,そんな彼女の心のうちを見たかのような気分になります.
儚さみたいな.
そんな彼女とは同じ星座,同じような高校時代,同じような感性?的な物を感じているのですが,今日はまた新たに透明な青いモノが好き,という話.

今日出会った青いクリームソーダ.
前に飲んだバタフライピー.
共通項は青い液体.
思い当たるのはBTB溶液,飲めない.

元々透明な物が好きで,液体という形態で,そして青い.
なんて神秘的なんだろうと思った.
でも絵の具で作った色水とはまた違う.
それこそ透明水彩の絵の具を溶かせば色水を作れるかもしれない.
だけど保存はできない.
じゃあどうする?
というところで今日からレジンで作る青色標本を始めました.
今日は小瓶に流し込み硬化させるところまで,混色まで終わってこのクリームソーダの色に近付けたので固まるのを待つだけ.
あとはラベルを作って採集場と採集者,日付とかを記していく.
応用編で,他の着色料も手に入れられたらその日に出会った手に入れたい色とかを作って標本にしていきたい.

GW始まる前日の金曜の夜,仕事が終わってすぐに新幹線で彼氏が東京に戻ってきました.
ホームステイみたいに,うちを拠点としてる感じです.
最初から校正作業とかゼミのペーパー作成とかあるから…とは断ってある物の,実際嬉しくて小休止しながらの作業です.
去年よりもDCが具体的に書けているので,少しだけ休みが欲しいとか思って助教にも適度な休みは必要…!とのことで1泊2日はお休みをいただきます.
今日からの予定だったのですが,天候などの関係で延期に.まあ,これはこれで新元号になって一番最初に彼と出かけられる(休暇…!)というのはいいなと思っております.
ほぼ私の希望通りのスケジュールで申し訳ないくらいなのですが,神社とか一回芝桜とかネモフィラとか,ああいう感じの公園行ってみたかったんでプランに入れてしまいました…笑

それ以外は家で作業しながら近所行ったりして,という感じです.
意外となんか…修士の時みたいに授業があるわけではないし1ヶ月やってみて,とりあえず研究のことしか今のところやってませんが,特に研究計画書,ゼミで基盤を固めてるところなので結構まだ楽しいとか言ってられる期間です.これからそうもいかなくなるのかもしれないけれど,それでも自分がやりたい研究をやれるので本当に恵まれてますしプラスに考えて楽しんでやりたいですね,これからも.

あとは両親がソウルに赴任してる関係で韓国語も始めました.
目指せ4ヶ国語話者といったところですが,まだひいひい言ってます.
これは研究の合間とか気分転換というか,それで翻訳とか独学でやってるので楽しいですね,息抜きです.
韓国語版の漫画も持ってるので,後は韓国人のSNSとか見て翻訳してみたりして活用だったり助詞を覚えて単語を覚えるようにしてます.
(最悪わからなかったら両親にラインして聞いてる…)

そんな感じで1ヶ月が経ちまして,これからもっと研究が本格的になっていくと思います.
ありがたいことに新聞掲載がきっかけで他の学会と繋がりができたり,それが私の研究の中の基礎研究になったり,後は今年もデザイン学会の口頭発表は受理されたので行ってきますが,そのほかにも教授や助教との会話の中で生まれたプロジェクト(やるんだったら)混ぜてもらえそうだったり,忙しくなりそうで感謝しております.

彼も彼でデザインむしゃむしゃマンなので会社でいろんなことを覚えて来るんだと思います.
お互いに打ち込めることがあるのっていいねって今日言われたのですが,確かにそうかもと思います.
じゃなかったら私も遠距離して挫折すると思います.
遠距離歴もまだ短いですが,会う前のドキドキ感は堪らないので,こういうのも今はアリかなと思ったりします.
勿論将来的には一緒に住めたらと思っています.

そんなこんなであっという間に1ヶ月がすぎ,元号が変わり,新しい時代になるようで,そんな瞬間を彼と一緒に過ごせることはなんだか嬉しいですね,歴史的瞬間を大切な人と過ごすというか.
なので元号がうんたらとか散々言いましたけど,平成生まれの私にとって初めての元号改変ということで,しかも今回は厳かな感じではなく祝賀ムードという異例の事態なのでまったりと二人でその瞬間を見守りたいと思います.


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大変恐縮でございます…(頭が地面にめり込んでおります)
4

カタクラアヲイ

都内の大学院生(D1).専門:大正期のパッケージデザイン(デザイン史). フランス留学後のパニック障害と自律神経失調症で通院3年目.経過良好な軽度ASD.博士号とって大学で研究したい研究者の卵.大正期のパッケージデザイン史,紙箱の図案とその形状とか.

理系デザイン大学院生の頭の中

主に大学院での研究生活で感じてる云々をつらつらとへったくれもなく書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。